ダイエット野郎

ダイエット業界でサラリーマンを続ける男のブログ

遺伝子検査から読み解くダイエットのPDCAサイクル

遺伝子に興味はありませんか?ダイエットしても失敗続きの人や毎回ダイエット後にリバウンドするのはあなた特有の痩せない原因があるかもしれません。ダイエットの遺伝子検査はあなたの遺伝子をダイエットカテゴリーで細かく分析しあなたの体質や太る原因を明確に教えてくれるツールです。つまり自分の遺伝的な特性がわかる事で自分に合った痩せ方を見つけられるのです。

f:id:kk2017-1122:20171019183846j:plain

この記事ではダイエットと遺伝子の「関係性・検査方法・活用術」を皆様へシェアさせて頂きます。

 

 目次

 

 

1.遺伝子検査とは

遺伝子=DNAとは簡単に言うと身体の設計図のようなものです。ダイエットに遺伝子検査を活用するとあなたの身体に組み込まれている根本的な太る原因=遺伝情報がわかるのです。

f:id:kk2017-1122:20171019184732p:plain

 

遺伝子検査の活用

  • 遺伝子とは:遺伝子とは私達の細胞レベルでの設計図のようなものでDNAとも呼ばれています。

 

  • 未来の予測遺伝子は世界中で研究されデータが蓄積しているので自分の遺伝情報と似た遺伝情報からこの先に何が起こるかを予測することが出来ます。

 

  • 病気のリスク:遺伝情報の主な使われ方はこれから先に起こる病を予測しリスクを低減することです。女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが活用し遺伝子検査は一気に有名になりました。

 

 

 

 

2.ダイエットの遺伝子検査でわかること

まず豊富な遺伝情報のデータを元にあなたの遺伝子を解析することで、あなたの遺伝子に備わっている太る原因や体質がわかります。

f:id:kk2017-1122:20171019185651p:plain

 

 

ダイエットの遺伝子検査でわかる項目

ダイエットに関する情報として主に「体質=どんな食べ物で太りやすい」と「燃焼力=ミトコンドリアの活性具合」をあなたの遺伝子から知る事ができます。

 

 

遺伝子情報から読み解く体質の項目

  • りんご型糖質で太りやすい体質がりんご型です。つまり糖質を食べても代謝してエネルギーとして使う能力が低いということです。

 

  • 洋なし型脂質で太りやすい体質が洋なし型です。脂質つまり脂肪を代謝する能力が低いため糖質制限を行なっても痩せにくいタイプと言えます。

 

  • バナナ型筋肉がつきにくい体質がバナナ型です。筋肉がつきにくいので一度太ると痩せにくい体質ということになります。

 

  • アダム・イブ型:遺伝子の影響よりも普段の食生活による影響で肥満体質が身につくのがアダム・イブ型です。遺伝情報ではなく生活習慣を見直す項目となります。つまり遺伝子では解らないので過去の減量データが重要となります。

 

 

身体のUCP1の情報

UCP1とはミトコンドリア内に発現する体温を上げるための機関です。

UCP1は筋肉の7,000倍の脂肪燃焼力があるためダイエット業界でも注目されています。遺伝子検査ではUCP1の有無・多さが判定できます。

 

 

該当項目で向いているダイエットがわかる

この検査でわかる最大のメリットはあなたが太りやすい栄養素があなたの遺伝情報を元に明確にわかることです。

つまり「糖質で太るタイプ」なのか「脂質で太るタイプ」それとも「脂質・糖質どちらでも太るタイプ」かが理解できるのでおのずとあなたが行うべき効率の良いダイエット方法がわかるのです。

 

 

 

 

3.ダイエットの遺伝子検査をすべき人

ダイエットしたけど痩せない人や何度もダイエットを失敗してしまう人です。

遺伝子検査をすることで自分の体質が分かり過去に行なったダイエット方法と照らし合わせる事でなぜダイエットに失敗したのかがわかります。

もちろん初めから失敗したくないという人にもおすすめです。

f:id:kk2017-1122:20171010142020j:plain

 

 

遺伝子検査前にダイエットの失敗を検証する

ダイエットに失敗してしまった人は「なぜ失敗したのか?」「食事制限や方法は間違ってなかったか?」「自分の身体に合った方法だったのか?」と一度失敗の原因を探してみましょう。

失敗の原因と遺伝子検査の結果からあなたの身体に合ったダイエット方法がおのずと見つかります

 

 

行ったダイエット方法から失敗要因を探す

  • 糖質制限ダイエット:1日3食の食事から糖質「米類・パン類・麺類・芋類・菓子類」などをしっかりと抜き「タンパク質・脂質・野菜」を中心に食事をする。

 

  • カロリー制限ダイエット:1日3食の食事の内1食を低カロリーな物に置き換える方法で主にスムージーや青汁などのダイエットドリンクに置き換える人が多い。

 

  • ファスティングダイエット:短期間(3から5日程度)の断食を行う方法で断食期間中の唯一のエネルギー補給として酵素ドリンクを用いることが多い。

 

 

食事制限の種類とダイエット結果を分析する

  • 糖質制限:糖質を抜いても太ってしまう人や痩せない人は自分の体質に合っていないのかもしれません。

 

  • カロリー制限:食べる量を減らしてカロリーを減らしても痩せない人は日々の食事に含まれるの何かが代謝できないのかもしれません。

 

 

失敗した原因を特定する

ほとんどのダイエットで行う食事制限は「糖質制限かカロリー制限」の2つです。

その場合「糖質」がダメなのか「脂質」がダメなのか「糖質・脂質」がダメなのかという3種類に失敗要因が絞られます

このダイエット失敗原因の特定は遺伝子検査でアダム・イブ型と診断された時に役立ちます。アダム・イブ型は食生活の影響を受けているので遺伝子では解らないのです。

つまり事前にダイエットしているデータがあると検査結果と比較して消去法で本当の原因が特定できるということです。

 

 

 

 

 4.検査結果から導くあなたに合ったダイエット

あなたのダイエットの失敗の検証と遺伝子検査による体質を確認することで感ではなく明確に「あなたが痩せる確率の高いダイエット方法」を導き出すことができます。

f:id:kk2017-1122:20170920161616j:plain

 

 

遺伝子検査からあなたに合ったダイエット方法の見つけ方

①りんご型と診断された場合:りんご型は糖代謝が苦手な体質です。

裏を返せば脂質代謝はできるのでタンパク質と脂質の食事がメインとなる糖質制限ダイエットが痩せやすいダイエット方法です。

 

②洋なし型と診断された場合:洋なし型は脂質代謝が苦手な体質です。

裏を返せば糖代謝はできるのです。このタイプは脂質やタンパク質量が必然的に増える糖質制限で痩せにくいので置き換えダイエットなどでカロリーを減らすダイエットの方が痩せやすいです。

 

③バナナ型と診断された場合:バナナ型は筋肉量が少ないので代謝そのものが低いというタイプです。

筋トレなどで筋肉量を増やす努力と代謝が低いのでカロリー制限ダイエットを行うと痩せやすいです。

 

④アダム・イブ型と診断された場合:生活習慣によって色々な栄養素の代謝が苦手な体質になってしまったタイプです。

糖も脂質も代謝が苦手なタイプが多いので食べる量を減らす置き換えダイエットなどのカロリー制限ダイエットが無難でしょう。

 

 

初めてダイエットする方の場合

初めてダイエットする方は自分のダイエットの失敗=データを持ち合わせていないので検査結果を信じてあなたの身体に適合したダイエットを行ってみましょう。

 

 

ダイエットに失敗している方の場合

検査結果と過去の失敗から矛盾がないか確認してみて下さい。

矛盾が無い場合は検査結果と過去の失敗経験からあなたが痩せなかった原因が明確に理解でき納得できるはずです。つまり自信を持って結果ら導いた新たなダイエットを信じて行えるというわけです。

検査結果と過去の経験に矛盾がある場合は生活習慣によって体質が変化(マイナス要素が増加)している可能性が高いです。可能性としては脂質代謝も糖代謝も苦手であらゆる栄養素の代謝が苦手という場合がありますので過去のダイエットと検査結果を照らし合わせて結論を導いて下さい。

もし解らない場合は「ファスティングなどの極端なカロリー制限を行う」か「1日3食の内朝と昼を糖質制限して夜をダイエットジュースに置き換える」と痩せられます。

 

 

 

 

5.ダイエットの遺伝子検査のやり方

ほとんどの遺伝子検査は唾液か爪か毛髪で遺伝子を調べます。

自宅でできる遺伝子検査の場合は検査キットを購入すると口内の粘膜を取るキットが付属しているので粘膜を採取し返送封筒に入れて送るだけです。

f:id:kk2017-1122:20171019200047j:plain

 

 

遺伝子検査のやり方紹介

①遺伝子検査キットを購入する:インターネットなどで調べて購入して下さい。どこのキットでもそんない違いはありません。

②キットの販売会社に登録する:DNA鑑定を依頼するために登録が必要です。登録する事でWEBやスマホでも検査結果が見られます。もちろん個人情報は安全に管理されます。

③粘膜or爪を採取する:附属の綿棒のようなもので口内のほほ側面の粘膜をこするように取ります。爪の場合は爪を切って終わりです。どちらかやりやすい方を行ってください。

④返送封筒で解析施設に送る:附属の封筒に採取したサンプルを入れて送るだけです。

⑤検査結果が自宅に届く:2から3週間で結果が届きますので楽しみにお待ちください。

 

 

お勧めの遺伝子検査キット

Genelife社のgenesisという検査キットがおすすめです。

f:id:kk2017-1122:20171019202855p:plain

Genelife社とは

国内で唯一、遺伝子解析だけを行っている検査会社で業界のエキスパートといえます。

DHCや、ドクターシーラボなどからの受託検査も行っており、これまでに50万人以上の遺伝子を解析しています。つまり遺伝子検査について十分な実績を持つ企業です。

 

遺伝子解析の信頼性

Genelife社の特徴として解析結果の品質を高める為に日本人および東アジア人からDNAを特定しています

従来解析会社は既存の解析チップを用いて解析しますが、Genelife社はアジア人種に合わせたカスタムチップを開発することでアジア人のDNA解析の制度と品質を向上させています。

 

科学的根拠を重視している

ジェネシス遺伝学研究所の研究者が次の項目を重点に置き疾患と解析する遺伝子を選び結果報告を行っています。

  • 対象集団:基本的に東アジア人もしくは日本人で科学的根拠がある
  • 参考文献:論文名・著者・発行年
  • 第三者評価:参考としている論文の評価

 

ダイエット向けのキット

GeneLife DIET

上手くいくダイエットは遺伝子検査にヒントあり!

遺伝子解析からあなたの肥満のタイプ体質が解ります。ダイエット専門のキットなのでお値段もお求めやすくなっております。

 

 

もっと自分の身体が知りたい方

GeneLife GENESIS2.0

遺伝子検査のジーンライフ<Genesis2.0>

解析する遺伝子量を増やし「がん・他の疾患・先祖のルーツ・体質・ダイエット・肌ケア・メタボリスク」とかなりの遺伝情報を知ることができます

ただし高度な検査が増えますのでお値段もそれなりとなります。

 

 

以上でダイエットと遺伝子に関する記述を終えさせて頂きます。

遺伝子は身体の設計図なので太ってしまう原因が解るのも納得ですよね。

ただ日頃の生活習慣によって遺伝子ではわからない体質の変化もあるので、「今までのダイエット結果」と「遺伝子解析の結果」を照らし合わせると抜け漏れのないあなたの体質に合ったダイエット方法がきっと見つかるはずですよ🌸

ダイエットでモチベーションを保つ効果的な方法【気持ちの組成術】

ダイエットをしていて気持ちが下がり挫折した経験はありませんか?ダイエットを成功させるためにモチベーションはとても重要なファクターなんです。ダイエットは辛いですがモチベーションさえ保つことができればダイエットが楽しく継続できるので比較的簡単に痩せることができます。

f:id:kk2017-1122:20171018155745j:plain

この記事ではダイエットを成功させるためにとても重要なモチベーションの「上げ方・保ち方」について皆様へシェアさせて頂きます。

 

 目次

 

 

1.モチベーションとは

モチベーションとは人が物事を行う時の「動機・意欲・やる気」などの行動をおこすために必要な気持ちの事です。

f:id:kk2017-1122:20171018160334j:plain

 

 

ダイエットとモチベーションの関係

ダイエットは楽しいものでも簡単なものでもありません。

この辛いダイエットを成功させるには高いモチベーション「動機・意欲・やる気」が必要なことはもうお分かりかと思います。

逆に言うとモチベーションが低ければダイエットは成功しません。例えば「なんとなく痩せたい・楽して痩せたい」というのは安易な考えで痩せることに対し「やる気がある」とは言えませんね。

ダイエットを成功させてきた人達は「絶対に痩せる・痩せて綺麗になってやる」というなりたい目標や自分像にたいする達成意欲や憧れへの欲求が高いモチベーションとなり辛いダイエットをやり続けることができたのです。

つまりモチベーションで大切なのは明確な目標なのです。

 

 

 

 

2.ダイエットの目標を設定する

ダイエットして「痩せてどのような自分になりたいか」という達成意欲が高まる明確な目標=ゴールを作りましょう。

痩せることをゴールにせず実現したい理想を目標を設定すれば、痩せることが目標ではなくなり楽しい作業になるのです。

f:id:kk2017-1122:20171018160947p:plain

 

 

モチベーションを高める為のゴール設定

  • 「痩せる」はゴールではない:「痩せる」というのはゴールに向かう過程でしかないのです。ゴールは痩せる先にあなたが設定した楽しい未来です。

 

  • 「痩せた」後の未来がゴール:痩せるはゴールへの試練や鍛錬です。試練や鍛錬の先にあなたが痩せて「やってみたいこと」や「誇らしいこと」という素晴らしい未来がゴールであり目標なのです。

 

 

 目標は痩せることではなく痩せた後の未来がゴール

あなたのゴールはあなたが痩せた後に待っている楽しく素晴らしい未来だと私は申し上げました。では実際にゴールを想像してみてください。

 

どうですか?想像できましたか?

今ワクワクしている人は想像にたいする欲求が高いということです。つまりあなたの描いた未来はモチベーションを上げる目標としてしっかりと機能するということです。

 

 

 

 

3.目標のイメージを強く意識することでモチベーションを作る

具体的な目標=ゴール設定が決まればあとはその目標に対する達成意欲を高める行動をとりましょう。

具体的な目標を達成するには具体的なビジョンをイメージすると非常に有効です。

f:id:kk2017-1122:20171018162130p:plain

 

 

痩せたあなたがやりたいことを明確にする

  • 海・プールに行く:素敵な水着を着て恋人と海やプールに行ってもっと「素敵・好き」と思ってほしいや友達と出かけて「素敵な出会い」を求めるという欲求

 

  • 結婚式に出る:新郎・新婦が結婚式という晴れ舞台で「綺麗な花嫁・素敵な旦那」と来ていただいた方々へのお披露目や参加する両親・親戚が晴れ舞台の為に
    「自分を磨き招かれる物として胸を張る」というフォーマルな欲求

 

  • 異性に告白する:好きだったあの人に想いを告げるために自分を磨き「可愛い・かっこいい」をアピールする欲求

 

 

痩せて自分に自信を付け行動力を身につける

なんでも良いのですがあなたが痩せてやりたいことを実行するには痩せて素敵な姿になって自分に自信をつけることが必要です。

自分に自信が持てれば「やりたいことへの行動力はどんどん上がり目標を達成する」こともきっと可能でしょう。このやりたいことへの達成意欲があなたのモチベーションを形成してくれます。

 

 

あなたが痩せてなりたい自分像を明確にする

  • カッコイイ肉体:痩せることで浮き上がる筋肉の肉体美や筋肉を見るたびに惚れ惚れする自分磨きへの飽くなき欲求と達成感

 

  • 美しいカラダ:痩せて美しく浮かび上がるしなやかな肉体美や美しい自分を見つめる事で自分も自分以外の人も虜にする影響力と満足感

 

  • 健康的な身体:痩せることで手に入る健康という一番大切な人生の充実感

 

 

痩せた姿を想像しおもいきりナルシストになってみる

痩せることで憧れの自分にどんどん近づいていくことを楽しみどんどん自分のことを好きになると人生は楽しくなります。

自分を好きになるきっかけとしてダイエットをするという自己肯定はとっても素敵なことですよ。

この素敵な自分になりたいという高い欲求があなたのモチベーションを形成してくれます。

 

 

想像した目標のイメージを焼き付ける為に形に残す

目標を決めても忘れてしまうとモチベーションが下がってしまうので意味がありません。

モチベーションを失わないために「目標とするなりたい自分像に近い写真や達成したい
目標を紙に書いて」毎日目に付く所に張りましょう

そうすることで目標を意識する習慣が付きモチベーションが下がることは無くなり逆に憧れに対するモチベーションが上がり続けます

 

 

 

 

4.目標を達成するプロセスでモチベーションを完成させる

目標とビジョン「想像」ができてなりたい自分像への達成意欲が湧いてきたらあとは目標を達成するプロセス「期間・方法」を決めてスケジュールを立てましょう。

f:id:kk2017-1122:20171018164056j:plain

 

 

目標を達成するためのダイエットスケジュール

①まず「いつまでに目標を実現」したいという期間を決める

②次に自分が「これならできそう」と思えるダイエット方法を選択する

③期間と方法が決まれば「なりたい自分像を強く意識」しながら実行するのみ

 

 

目標達成のスケジュールでモチベーションが上がる仕組み

上記の目標のイメージを強くすることで「なりたい自分像を意識する憧れのモチベーション」が上がります。

目標達成のスケジュールを実施することで「日に日に理想の姿へ近づいていく達成意欲のモチベーション」でダイエットのモチベーションが相乗的に上がっていき痩せることが楽しくなってきます。

 

 

ダイエット方法を選ぶ際の目安

  • 緊急性:「今月中に痩せないといけない」などの期間が短く緊急性の高いダイエットの場合はファスティングを伴う「酵素ダイエット」が適切なダイエット方法です。

www.diet-soundsgood.com

 

  • 簡単さ:「とにかく難しいことはしたくない」という簡単な方法で集中して目標達成までの減量を継続したいという人には低カロリーなドリンクに置き換える「置き換えダイエット」がお勧めです。

www.diet-soundsgood.com

 

  • 健康的:「なるべく健康的な方法を選びたい」という人は3食しっかりと食事が取れて栄養状態も良い「糖質制限ダイエット」がお勧めです。

www.diet-soundsgood.com

 

 

 

 

5.ダイエットのモチベーションまとめ

ダイエットでモチベーションを上げるには「なりたい自分像を明確にする」ことで憧れにたいする欲求がモチベーションになります。

そしてモチベーションを継続するには「なりたい自分に近づく」ことで理想に近づく達成意欲がモチベーションを増やし継続させるのです。

f:id:kk2017-1122:20170911144821j:plain

 

 

モチベーションを上げるステップ

①なりたい自分像「やりたいこと・理想像」を明確にする

②気持ちを忘れないために「写真・紙に記す」ことで意識する習慣をつける

③自分像に近づくための「スケジュール・方法」を組み立てる

④ダイエットを実施する事で「理想に近づいていく」事を楽しむ

このフォーステップでダイエットの「モチベーションを上げて・ダイエットを楽しみ・やる気を継続」させてみて下さい。

 

 

以上でダイエットで一番重要なモチベーションに関する記述を終えさせて頂きます。

 

モチベーションはすぐに上がるものですが下がりやすいものです。それは気持ちという不安定な要素だからです。

ですが何を始めるにも気持ちがきっかけとなり物事を始めるトリガーとなるのは間違いない事実です。

是非モチベーションというダイエットの最強の武器を手にしてなりたい自分像を実現してみて下さい🌸

ダイエットのリバウンドは原因が解れば防止できる

リバウンドとはダイエットして痩せた後に食事制限から普通食に戻すと体重が増えて太ってしまうことです。これはダイエット前の身体とダイエット後の身体ではエネルギーの吸収力が違いダイエット終了後の身体の方が吸収にどん欲だからです。リバウンド防止のポイントはダイエット終了後の身体に合わせた太らない食事をすることです。

f:id:kk2017-1122:20171017042222j:plain

この記事ではダイエット後のリバウンドに関する「概要・仕組み・真意・解決方法」の総合知識を皆様へシェアさせて頂きます。

 

 目次

 

 

 

1.リバウンドとは

リバウンドと呼ばれているのは単純に身体が消費できるエネルギー量を摂取エネルギーが上回った時に太るという現象です。

ただ主な原因はダイエットの食事制限によってエネルギーの吸収力が高まったことによりいつも以上に食事からのエネルギーの吸収してしまうことです。

 

f:id:kk2017-1122:20170909140920p:plain

 

 

リバウンドにホメオスタシスが関与

ダイエットの食事制限によっていつも以上にエネルギーを吸収してしまう原因は恒常性の維持(ホメオスタシス)という身体に備わった機能が原因です。

恒常性というのは身体の内部環境「自律神経系・内分泌系・免疫系」のことで健康を支えている根幹のようなものです。つまりホメオスタシスとは身体の状態を一定に保とうとする仕組みなのです。

これをリバウンドに置き換えると「ダイエットで急激に痩せる→ホメオスタシスが身体の状態を保つ=戻そうと働く→いつも以上にエネルギーを吸収してしまう」ということになります。

 

 

 

 

2.ダイエット後にリバウンドする仕組み

元々太る原因となった「代謝力が低下した状態の身体」にダイエットの食事制限によって「エネルギー吸収にどん欲になった身体の状態」がプラスされます。

つまりエネルギー消費は少ないのに吸収力が高い状態をダイエットで作ってしまうので余計にリバウンドしやすくなってしまうのです。

f:id:kk2017-1122:20171017042932p:plain

 

 

食事制限がリバウンドの種となる

ダイエットに食事制限はつきもので、それは体脂肪を分解しなければ痩せられないからです。

食事制限の種類は大きく分けて「カロリー制限・糖質制限」の2種類でカロリー制限は食べる量を減らす方法で糖質制限は糖質の量を減らす方法です。

どちらも何かしらの食べ物が減ってしまう状態でなおかつ体重が急に減るのでホメオスタシスが感知してしまいます。

 

 

停滞期を迎えリバウンド体質が作られる

身体のホメオスタシスが摂取エネルギーよりも消費エネルギーが大きいことを感知すると身体のセイフティ機能が働き「体重が減らない=エネルギーを消費しない」状態になります。これが停滞期です。

停滞期の身体はホメオスタシスの機能によって身体のエネルギー状態を元に戻そうと働きますので「エネルギー消費は少なく吸収力は高い」状態の身体を作ります。

 

www.diet-soundsgood.com

 

 

太りやすい状態の体質が作られリバウンドする

ダイエットは停滞期に入って体重が落ちなくなるとやめてしまう人が多いのです。

「これだけ体重が落ちれば良しとしよう」とダイエットを終了し「痩せたから食べたい
物を食べよう」とダイエット中の食事よりも食べる量が増えます

ですがあなたの身体は「エネルギー消費は少なく吸収力は高い」停滞期の状態を引きずっていますので食べた以上にエネルギーを吸収し「おもいきり太って」しまうのです。

 

 

 

 

3.リバウンドの本当の意味

ダイエットの食事制限で太りやすい体質になるという要因はありますが、これはリバウンドの真意ではありません。

リバウンドの本質はダイエットする羽目になった食生活と代謝力の低下にあるのです。

f:id:kk2017-1122:20171010143344j:plain

 

 

リバウンドのプロセス=太った原因を考える

ダイエットするという事は太ってしまったということです。

太る原因と言えば当事者の「食事内容から得たエネルギー」を「代謝力が低下した」ことによって消費できずに余らせてしまうことです。

つまり今までの食事のままだと太ってしまうということです。だから痩せるために「現在の低下した代謝力に合わせた食事制限を行った」のです。

 

 

リバウンドの答え=以前の食事には戻れない

今までの食事によって太ってしまったので痩せたからと言って今までの食事に戻すと太るというのは当然のことなのです。

つまりダイエット後の「痩せた体形を維持するには今までと同じ食生活ではダメだ」ということです。

 

 

 

 

4.ダイエット後のリバウンド防止方法

リバウンドを防止するにはダイエット後の身体の状態に合わせた食事をするのが一番の方法です。

前提として以前と同じ食事には太ってしまうので具体的には現在の身体の代謝レベル「摂取カロリー」で合わせるか「糖質摂取量」で合わせる必要があります。

f:id:kk2017-1122:20171017044129j:plain

 

 

摂取カロリーを低くする

今までの食事の摂取カロリーよりもダイエット後の摂取カロリーを低くする事で「消費カロリー≧摂取カロリー」の構図を保つ事ができリバウンドで太ることはなくなります。

具体的には朝昼は通常通りの食事を食べて、夜の食事量を低カロリーになるように工夫して食べて下さい。

 

 

カロリー制限の具体的なリバウンド防止方法

  • ダイエット終了直後に一気に食事を戻さない
  • カロリー制限の場合は最初の1週間は3食の内朝昼は通常通りで夕食をタンパク質中心に少量を食べる
  • 一週間が経過し太らなければ夕食をおかず中心に増やして様子を見てできれば糖質を食べない
  • 太る場合は食べる量の見直しを行う
  • 太らない場合はそのまま継続or食べる量を増やす場合は太るところを探るように経過観測しながら増やす

 

 

糖質摂取量を低くする

今までの食事から摂取していた糖質(炭水化物)量よりもダイエット後の糖質摂取量を低くすることで「消費糖質量≧摂取糖質量」の構図ができリバウンドするリスクは低くなります。

具体的には朝昼の炭水化物量を少し少なめに食べて夜は糖質制限を行って下さい。

 

 

 糖質制限の具体的なリバウンド防止方法

  • ダイエット終了直後に一気に食事を戻さない
  • 糖質制限ダイエットの場合は最初の1週間は3食の内昼のみ糖質を解禁する
  • 1週間が過ぎれば朝昼の2食の糖質を解禁し体重が増えるか様子を見る
  • 太る場合は糖質量を見直し糖質を減らす
  • 太らない場合は夜のみ糖質制限を継続するor夜も糖質が食べたい場合は様子を見ながら少しづつ糖質を食べて経過観測する。

 

 

5.食事量を変えないリバウンド対策方法

食事量を変えない方法としては代謝を上げる方法が挙げられます。

具体的な方法としは日々の生活に運動を取り入れることと筋力トレーニングを行い筋肉量を増やすことで消費エネルギーを上げることができます。

f:id:kk2017-1122:20170920161616j:plain

 

 

有酸素運動を取り入れる

ウォーキング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動で使う筋肉にはエネルギーを消費する機関であるミトコンドリアが数多く存在しています。

つまり「有酸素運動で動かす筋肉は他の筋肉より消費エネルギーが多いので日々のエネルギー消費に効果的」ということです。

 

 

筋力トレーニングを行う

筋肉は身体全体の代謝の20%以上を占めるエネルギー消費が多い部位です。

つまり筋肉量を増やす事で代謝を上げることが可能となり摂取エネルギーも増やす事ができます

そして糖代謝も筋肉で行うので筋肉量を増やせば糖質を食べても太りにくい身体を作ることができます。

 

 

代謝調節因子を補う

代謝が下がる原因は加齢によって代謝に必要なホルモンや酵素などの生産力が落ちることです。

つまり体内の「代謝に必要な成分を補えば科学的に代謝力を上げる事が可能」となります。興味がある方は下の記事をご参照ください。

www.diet-soundsgood.com

 

 

 

 

6.リバウンド対策まとめ

リバウンドは結局ダイエットした後にダイエット前の食生活に戻る事が原因でした。

太った原因の食生活に戻ると太るのは考えると当たり前のことですよね。

つまりダイエットして痩せた体形を維持したいのなら現在の身体の代謝力に合わせた食事内容に変更するしかないのです。

「運動の習慣化・筋力アップ・代謝調節因子の補充」などの代謝を上げる工夫をしなければ以前と同じ食事を食べることは不可能ということです。

f:id:kk2017-1122:20171017131736j:plain

 

 

リバウンド防止の覚書

①何故太ったのか?食生活と年齢による基礎代謝の低下

②太って取った行動は?食事制限と運動によるダイエット

③食事制限と運動の役割は?代謝が低下した体に合わせたエネルギーコントロール

④痩せた身体の代謝力は?良くて太る前と同じかホメオスタシスの影響で少し低い

⑤代謝力が変わらないということは?:依然と同じ食事に戻せば当然太る

⑥痩せた体形を維持するには?:以前よりもカロリー・糖質を抑えた食事に変更する

⑦つまりリバウンド防止とは?:今の身体の代謝力に合わせた食生活を送る

 

 

以上でリバウンドに関する記述を終えさせて頂きます。

リバウンド防止の方法はダイエットする羽目になった要因を考えればすぐに解ることなんですが、やはり食生活を元「食べたいものを食べたいだけ食べる」に戻せないのは悲しいですよね。。。

ですがこれが人体の仕組みであり、身体に合わないエネルギー状態を肥満という形で私達に警告してくれている親切な身体のSOSなのかもしれません。

人の身体の代謝力は年々低下していきます。極論を申し上げますと太らないように健康体重をキープするには年々食べれなくなるということです。

その事実を受け止めて「ダイエットしてリバウンドしないように食生活を気を付ける」か「好き放題食べて太く短く生きる」かを選ぶのはあなたです。

ダイエットもリバウンドも含めて健康への闘いを続けるあなたを私は応援します🌸

ダイエットの停滞期は仕組みが解れば簡単に脱出できる

停滞期とはダイエット期間中に体重が痩せない期間の事です。停滞期はダイエットをある程度継続して行っていると必ず訪れるものでこれは身体のセーフティー機能が働く事で起こる身体の保護機能なのです。痩せない停滞期を脱出する方法は「停滞期を耐える」ことと「停滞期を迎えない」ことです。

f:id:kk2017-1122:20171015233331p:plain

この記事ではダイエットで必ず直面する停滞期に関して「概要・仕組み・対策方法」の総合知識を皆様へシェアさせて頂きます。

 

 目次

 

1.停滞期とは

停滞期とは身体のエネルギーの消費量を少なくするセーフティー機能が働いている期間のことです。停滞期は主にダイエットでの食事制限で体内に入ってくるエネルギーが以前の食事より少なくなる事で起こる身体の仕組みです。

f:id:kk2017-1122:20171015233407j:plain

 

 

恒常性の維持(ホメオスタシス)

停滞期の原因である身体のセーフティー機能をホメオスタシスと言います。

ホメオスタシスとは身体の恒常性を維持するシステムで恒常性というのは身体の内部環境「自律神経系・内分泌系・免疫系」のことで健康を支えている根幹のようなものです。

つまりホメオスタシスとは身体の状態を一定に保とうとする仕組みなのです。

例えば気温の低い所に行くと体温の低下を感じすぐに体温を戻そうと体温を上げ始めます。これが「ホメオスタシスであり急な状況変化に適応し身体を守る機能」なのです。

そしてダイエットを行って急激に体重が減っていく事を感知して「これ以上身体が体重を減らないように保つ働き」がホメオスタシスであり停滞期なのです。

ちなみにホメオスタシスは1ヶ月以内に体重の5%以上減量すると最大限に働いてしまうという報告があります。

 

 

 

 

2.ダイエットで停滞期に陥る仕組み

ダイエットでは食事制限「カロリー制限・糖質制限」と運動を組み合わせる事が多く、体内に入って来るエネルギーが少ないのに体内でのエネルギー消費量は増えてしまいます。

つまり摂取エネルギーよりも消費エネルギーが多い事で体重が落ちていることを身体に気付かれてしまうと停滞期になってしまうのです。

f:id:kk2017-1122:20170923161023j:plain

 

 

ダイエットが停滞期を迎える期間

一概には言えませんがおおよその目安としてインドの意志がダイエットの実験に使用した結果からダイエットで停滞期に陥る期間を説明します。

f:id:kk2017-1122:20171016001237p:plain

 上記のグラフは2008年のNew England Journal of Modicine世界で最も評価の高い臨床研究雑誌の一つに掲載された論文のFigureです。

この3つのグラフはイスラエルの企業に勤める人たちで、BMI27以上の人たち322人を不作為に三つのグループに分けてダイエットをしてもらい体重の減少を追跡したものです。

「紫色の三角が糖質制限ダイエット」「赤色のひし形がカロリー制限ダイエット」そして「黄色の四角が地中海ダイエット」というカロリー制限に軽い運動を組み込んだものです。

グラフから停滞期を読み解くとどのダイエットも2ヶ月目から体重の下がり幅が少なくなっていてこれが「停滞期の前兆」です。

そして「カロリー制限に関しては2ヶ月から3ヶ月の間で体重の落ち幅が少なくなっているので実質これが停滞期」ととらえ、「糖質制限に関しては3ヶ月目から停滞期」に入ると考えると良いでしょう。

 

 

停滞期の原因となる食事制限

  • カロリー制限:カロリー制限ダイエットは食事量(カロリー)を減らして一時的にエネルギー不足の状態を作るダイエットです。上記のグラフから見てもエネルギー不足の状態なのでホメオスタシスに気づかれやすく停滞期に入るのも早いです。

 

  • 糖質制限:糖質制限ダイエットは糖質量は減らしますがカロリーを減らす訳ではないのでエネルギー不足の状態になりにくいダイエットです。エネルギー状態も悪くないのでホメオスタシスに気づかれるのも遅く停滞期に入るのも遅いという実験結果になっています。

 

  • ファスティング:ファスティングは断食をともなうハードなカロリー制限ダイエットですが期間が短いのでホメオスタシスに気づかれて停滞期に入るまでもありません。ただし極度のカロリー制限をするのでリバウンドには注意が必要です。

 

 

 

 

3.ダイエットで停滞期を察知する

上記の章でダイエットで停滞期に到達する期間の目安は解説しましたが、停滞期に個人差があるのも事実です。停滞期を脱出回避するには停滞期を把握する必要があります。

つまり停滞期の回避は停滞期に入ってしまってからでは手遅れになってしまうので停滞期の前兆を察知するために日々の体重を計測する必要があります。

f:id:kk2017-1122:20171015234506j:plain

 

 

日々の体重を記録する

ダイエット開始から日々の体重を計測します。順調に減量が進んでいれば日に日に体重が落ちていき上記の右下がりのグラフのような変化量を描くはずです。

こうしてダイエットを継続していくと順調に下がっていく体重の下がり幅が少なる時がやっていきます。この「落ち幅が変化する時が停滞期の前兆」なのです。

ここまでくれば停滞期に入るのは時間の問題となります。

そして「この前兆を見逃さない為には正確な食事制限と正確な記録が必要不可欠となりますので安定したダイエットを継続して」ください。

 

 

 

 

4.ダイエットの停滞期をごまかす方法

停滞期に入る前の体重の下がり幅が変化した時はまだ停滞期に入っていないのです。つまり身体が気付いてない状態なのでホメオスタシスを騙すことができるのです。

騙す方法は「勘違いさせる」ことと「気付かせない」ことです。

f:id:kk2017-1122:20171015235415p:plain

 

 

停滞期を迎える前にチートデイを挟む

チートデイとはホメオスタシスを騙す日のことです。

ホメオスタシスが働いて体重が落ちない停滞期に入ってしまうのは「消費エネルギーよりも摂取エネルギーが少ない日が続くことが大きな原因」なのです。

つまり停滞期に入ってしまう前に一日だけ摂取エネルギーを増やして身体に「エネルギー不足の状態じゃなかったんだ」と勘違いさせダイエットをカムフラージュすることで停滞期をやり過ごす方法です。

ただし理論上は可能でも実際にやるとなるとかなりの精度と安定したダイエットを継続し記録分析しなければならない難度の高い方法です。

 

 

チートデイの実施方法

  • 正確な体重計測:チートデイを行う為にも停滞期の前兆である体重の下がり幅が少なくなる日を的確にとらえなければなりません。その為に安定したダイエットを継続し正確な体重計測が必要になります。

 

  • チートデイを決行:正確な体重測定の結果体重の下がり幅が少なくなる日を発見できれば、その翌日~5日の間がチートデイを決行する日です。体重の下がり幅が少なくなる期間は身体がダイエットを疑っている期間なのでこの期間内にチートデイを1日挟むと効果的です。

 

  • 食事摂取量:チートデイの食事の仕方ですがカロリー制限なら1日置き換えを辞めます。糖質制限なら夜以外の2食を糖質を食べます。その結果一時的に体重は少し増えますが、体重が増えた=エネルギー不足ではないと身体は判断しているということです。

 

  • ダイエットを継続:「一時的にエネルギーを補うことで停滞期の仕組みであるホメオスタシスを騙す」というチートデイを無事に終えたら後は今までのダイエットを継続する事で停滞期の影響が少ない状態で減量できます。

 

 

停滞期になる前にダイエットを終える

もう一つは停滞期に入るまでにダイエットを終了する方法です。

カロリー制限も糖質制限も停滞期に入る目安としては最低2ヶ月はかかってしまうので、その「2か月間で痩せられるだけ痩せて終了する」のが最も減量効率が良くストレスの少ないダイエットだと言えます。

しかも「一度も停滞期に入っていないので仮にもう一度ダイエットを行う事になってもすんなりと体重が落ちて」くれます。

これは一度停滞期に入ってしまうと身体はダイエットを「体にとってエネルギー消費が多すぎる良くないもの」だと判断し覚えてしまうので2回目のダイエットは痩せにくいのです。

つまり「長々とダイエットを継続する→結果的に停滞期に入る→停滞期で痩せなくて挫折する→また太る→2回目のダイエットを行う羽目になる」というのが世の中に多いダイエットを繰り返す人が陥る現象です。

なので可能ならメリットが多い2ヶ月間でダイエットを終わらせる事をおすすめします。

 

 

 

 

5.ダイエットの停滞期を脱出する方法

停滞期に入るまでに目標に到達しない場合は根気強くダイエットを継続するしかありません。その結果必ず停滞期に入ってしまうのは仕方のないことです。

停滞期に入ってしまった場合あなたにできる唯一の解決策は「耐える」ことです。

f:id:kk2017-1122:20171016000322j:plain

 

 

ダイエットを継続する

停滞期に入ってしまうと体重は落ちませんが停滞期を脱出するためにはダイエットを継続して下さい。

停滞期は身体のホメオスタシスが摂取エネルギーよりも消費エネルギーが多い状態に危機感を感じているために起こりますが、裏を返せば「安全かどうか分からないので身体が状況を判断するまではエネルギー消費を少なくし一時定期にリスクを回避している」状態にすぎないのです。

つまり身体にとって危機的なこの状態を根気強くダイエットを継続し保つことで、身体は「前よりは少ないけど安定してエネルギーは入ってきているので今はこの状態が普通
なんだ」と判断し身体のセーフティー機能を解除してくれます。

 

 

停滞期中のダイエットの問題点

停滞期の一番の問題は落ちない体重にモチベーションを失いダイエット辞めてしまうことです。

その結果痩せないストレスや自己嫌悪からドカ食いしてしまい以前より体重が増えてしまう人が多くダイエットに失敗してしまいます。

つまりあなたの停滞期を脱出する最善の方法はあなたの「身体の仕組み」とあなたの「痩せたいという意志」の忍耐勝負ということです。

 

 

継続する為のモチベーション

ダイエットをやめてしまうと高確率で失敗するので継続することが一番重要です。

継続ができない一番の理由が「本当にこの先体重が落ちるのだろうか?痩せないのに続ける意味はあるのだろうか?」という疑心暗鬼に陥ってしまうことです。

停滞期は身体の一時的な機能だという事が理解できていればその内に停滞期は過ぎ去り体重がまた落ちると信じられるので継続できるでしょう。

そして停滞期を過ぎダイエットの目標を達成した時の自分の姿を想像しましょう。この「ダイエットが終われば楽しい未来が待っているんだ」と強く意識することで高いモチベーションが湧き上がって来ます。

強い意志を持ち停滞期に忍耐強くダイエットを続ける事が唯一の脱出方法なのです。

 

 

以上でダイエットすると必ず訪れる停滞期に関する記述を終えさせて頂きます。

停滞期はある程度長い期間ダイエットを行えば必ずやってくる辛い時期です。その停滞期を乗り越えるのか回避するのかはたまた迎える前に辞めてしまうかはあなた次第です。

少しでもお困りの皆様のお役に立てれば幸いです🌸

酵素ダイエットはファスティングで効果を発揮する短期集中型の減量方法【完全版】

酵素ダイエットとは酵素ドリンクを飲みながらファスティングをする短期集中型の減量方法です。ファスティング中に酵素ドリンクを飲む理由は酵素による代謝の補助とデトックス効果、断食で栄養不足になる身体を支え守る為に酵素を飲みます。素早く痩せる為に断食という究極のカロリー制限を耐え抜くために酵素と共にダイエットを戦い抜くのです。

f:id:kk2017-1122:20171012183836j:plain

この記事では酵素ダイエットを成功させるために必要な「概要・理論・注意点・実践方法」の総合知識を皆様へシェアさせて頂きます。

※このコンテンツは酵素ダイエットの入り口から出口までをまとめていますので非常に長いです。

 

 目次

 

 

1.酵素ダイエットとは

酵素ダイエットは基本的に短期間のファスティング(断食)を行うダイエット方法です。

短期間で断食すると身体にとって過酷な状況となるので身体を守る為に栄養素の豊富な酵素で身体をケアします。酵素はファスティングダイエットのお供的な存在から酵素ダイエットと呼ばれています。

f:id:kk2017-1122:20171012131316p:plain

 

 

ファスティングとは

ファスティング(断食)とは食べ物を全く食べないダイエット方法でその間を水分補給のみで過ごします。使いどころとして「は短期間で痩せる必要があったり、少し太ってしまったリバウンドを解消する小技として」ファスティングを用います。

 

 

酵素で痩せる仕組みではない

酵素ドリンクを飲むことが多いので酵素ダイエット呼ばれていますが、酵素はあくまでもファスティングの補助であって酵素を飲んだから痩せるという訳ではありません

 

 

酵素ドリンクを飲むメリット

  • 代謝の補助:酵素ドリンクには多種多様な酵素が含まれています。人の身体が脂肪を代謝するのにも酵素が必要なので「過酷なファスティングで少しでも高い成果をだすため」にも代謝の補助となる酵素ドリンクを飲むことが理にかなっていると言えるのです。

 

  • 健康の補助一時的な断食を支え乗り切る為にも良好な健康状態は必須となります。その健康を支える為に栄養豊富な酵素ドリンクを飲むのはやはり理にかなっています。「代謝と健康の2点からファスティングには酵素ドリンクのマッチングが良い」のです。

 

 

 

 

2.ファスティングの目的

ファスティングの目的はダイエットでは「短期間で痩せる」ことと健康面では「デトックス効果によって体内を浄化する」という2つの美容効果があります。

f:id:kk2017-1122:20171012133628p:plain

 

 

ファスティングの効果

  • 時短ダイエット:ファスティングの魅力は何と言っても「時短で痩せる」ことです。通常カロリー制限や糖質制限でダイエットする場合2ヶ月で5キロ~上手くいって10キロ程度痩せられますが「ファスティングでは10日前後で3キロ程度の減量が可能」です。

 

  • デトックス:ファスティングによるデトックス効果は日頃の食事により腸内に溜まった食べ物の残留物や老廃物をきれいに排出することです。それらの「身体に良くない物が出ることによって本来の腸の活動が復活したり環境が良くなる」ことで身体の調子が良くなります。医師もファスティングのデトックス効果を認めています

 

女優の川口春奈さんもファスティングでダイエットを始められており、ダイエットに成功されています。ファスティングは女優さんやモデルさんを始め多くの女性のダイエットや体形維持に活用されている便利なダイエット方法とも言えます。

www.diet-soundsgood.com

 

 

 

 

3.酵素ダイエットが痩せる仕組み

酵素ダイエットで行う短期的なファスティングによって一時的に身体は「飢餓状態」に陥ります。

飢餓状態すなわち一時的な栄養失調状態になることで身体に蓄えている脂肪だけをエネルギー源として使うので酵素ダイエットは短期的に高い減量効果を発揮するのです。

f:id:kk2017-1122:20171012134624j:plain

 

 

痩せるメカニズム

  • カロリー制限:酵素ダイエットはハードなカロリー制限ダイエットです。「一時的な断食により体に入るカロリーがほぼゼロ」となり、身体は足りないカロリーを補おうとします。

 

  • 脂肪の分解:断食によってカロリーをがほぼゼロなので足りないカロリーを補うべく身体に蓄えられている脂肪を使う為に急いで分解します。

 

  • 脂肪の燃焼:こうして分解された脂肪は身体で燃焼されてカロリー不足を補います。一時的な断食によるカロリー不足を補う為に緊急で脂肪を燃焼するので短期間で痩せることができます。

 

 

酵素の役割

人の身体が脂肪を燃焼する為には代謝という燃焼反応起こす必要があります。

体内で代謝という化学反応を起こす為に酵素が必要になってくる訳なんです。

ファスティングで酵素ドリンクを飲む一番の理由が、「断食時に唯一身体に入れる事が許される水分を酵素が豊富に入ったドリンクを飲むこと」で辛い断食時に少しでも効率良く脂肪を分解するという狙いがあります。

 

 

 

 

4.酵素ダイエットの注意点

酵素ダイエットの注意点は2つです。

一つはファスティングによる栄養不足状態による健康面での管理です。もう一つは栄養不足状態の身体は栄養の吸収にどん欲なのでリバウンドに気を付けないといけません。

f:id:kk2017-1122:20170924011427j:plain

 

 

体調と健康の管理

まずファスティングを行うには体調が万全の状態が望ましいです。その理由は「断食によって極度のカロリー不足に陥ることで体調を崩してしまう」方がおられるからです。

体調を万全に保つ為にまず「しっかりと睡眠を取る」「胃腸に負担をかけない為に暴飲暴食はしない」「胃腸にとって消化しやすい物を食べる」をしっかりと行って下さい。

ファスティングを行う時には栄養価の高い酵素ドリンクで身体をケアしそしてながら減量に挑んで下さい。

 

 

 ファスティング中の体調不良

ファスティング中に体調が悪くなる人が稀にいます。

その理由は上記の「体調が万全でなかったり、初めての断食で心身ともにビックリしてしまい」不調をきたすことがあるからです。つまり断食は痩せる効果は非常に高い反面、身体にとって過酷な状況ということなのです。

体調が悪くなった場合はファスティングはすぐに中断し「おかゆ」や「重湯(おかゆより水分がおおいもの)」を少しづつ食べて体調回復の様子を見て下さい。あまりにも体調が悪い場合は迷わずお医者様に行ってください。

 

 

ファスティング終了後のリバウンド

酵素ダイエットはファスティングというハードなカロリー制限を行います。身体は一時的な飢餓状態になり脂肪がすごい速さで燃焼されますが、飢餓状態の身体はエネルギーの吸収にどん欲な状態とも言えます。

つまり「ファスティングで痩せた後に普通の食事をするといつも以上にエネルギーを吸収する」ので一気にリバウンドしてしまいます

リバウンドさせないためにもダイエット直後に普通食に戻すのではなく、最初は「お粥・味噌汁」などを少量程度から食べ始めて時間を掛けて徐々に普通食に戻しましょう。

 

 

 

 

5.酵素ダイエットの実践方法

酵素ダイエットを行う時の実際の手順はまず3日程度の「準備期間」を設けてファスティングに備えます。

そして3日程度の「毎食酵素ドリンクだけを飲むファスティング期間」を実施し、ファスティングが終了したら3日程度の「副食期間」を設けて胃腸を食べ物に馴らして終了となります。

f:id:kk2017-1122:20171012135757j:plain

 

 

酵素ダイエットの準備期間

酵素ダイエットでファスティングを行う際の準備期間の目的は「内臓を休める」ことにあります。

断食に入る準備期間の目安は「3日間の断食であれば準備期間は6日程度」となります。

準備期間の目安としては「断食する期間の倍の日数が必要」だと理解して頂ければ問題ありません。そして準備期間には内臓に負担をかけない食生活を送るために以下の食事を実施してください。

 

  • ま→まめ:大豆・小豆などの豆類
  • ご→ごま:ごま・なっつ・くるみ・アーモンドなど
  • わ→わかめ:わかめ・こんぶ・海苔などの海藻類
  • や→野菜:ほうれん草・大根・にんじんなどの野菜類
  • さ→さかな:魚類
  • し→しいたけ:まいたけ・しめじなどのきのこ類
  • い→いも:じゃがいも・さつまいもなどの芋類

 

この「まごわやさしい」と呼ばれる食事方法はタニタ食堂でも取り入れられており、加熱調理をすることで消化が吸収しやすい食べ物がほとんどです。できればたっぷりの水分が含み繊維や組織が崩れやすい煮物や煮付けが胃にやさしい調理方法です。

ファスティングの前にこの食事を続け「消化に良い=胃腸の働きを徐々にスローダウンさせる」ことが準備期間の最大の目的となります。

 

 

ファスティング(断食)期間

上記の準備期間を経て胃腸の活動を穏やかに整えるといよいよファスティング=断食を行います。

ファスティングはとにかく酵素ドリンクや水を飲み水分だけで空腹に耐える期間で酵素ドリンクは1日5杯を目安に飲んで下さい。

まずは「3日間の断食にチャレンジして-3キロ~5キロの減量」を目指しましょう。

 

  • 朝:朝の目覚めとに酵素ドリンクを1杯飲みます。そして「朝とお昼の中間でもう1杯酵素ドリンク」を飲みます。
  • 昼:昼食の時間に酵素ドリンクを1杯のみ、「お昼と夕食の間でもう1杯酵素ドリンク」を飲みます。
  • 夕:夕食時に酵素ドリンクを1杯のみ1日の酵素ドリンクでの食事を終了します。

 

ファスティング期間では上記の通り食事の時間に酵素ドリンクを飲みます。

ただ「ドリンクを飲んでも空腹に襲われることになります」のでお腹が減って耐えれなくなったら水を飲みましょう

水を飲むことに対する制限はないので多めに水分を取りどんどん排出してデトックス効果を高めると一石二鳥です。

 

 

酵素ダイエット副食期間(回復期間)

酵素ダイエットでは、ある意味一番重要となるのが断食から胃腸を食べ物に慣れさせる「副食期間=回復期間」です。

 

副食期間を行う理由は2つあって1つ目は「少しづつ食べ物に胃腸をを鳴らす期間を設けることで体調を良好に保つ」ことです。

ファスティングにより胃腸の消化機能はほとんど働いていないので、その状態でお肉やお米等の消化に悪い物を食べると消化不良を起こし胃もたれやムカつき、最悪腸ねん転(腸がビックリしてねじれてしまい腹痛を起こす病気)を起こす事もあります。

 

そして副食期間を設けるもう1つの理由が「リバウンドの防止」です。

ファスティング後の身体は食べ物(栄養)の吸収にどん欲なので「栄養価の高い物を食べると一気にリバウンド」してしまいます。

 

断食後で食べたい気持ちはわかりますが身体のためにも気持ちを抑えて流動食のような消化しやすい食べ物から始めましょう。

 

副食期間は基本的に断食を行った日数と同じ期間を設けると安全です。副食期間のスタートは重湯(ドロドロのおかゆ)から始めるのが基本となります。

 

  • 1日目→朝「重湯」:昼「おかゆ」:夜「おかゆ・具のない薄味の味噌汁」
  • 2日目→朝「おかゆ・おすまし」:昼「おかゆ・味噌汁(具は絹ごし豆腐ならOK)・のりの佃煮」:夜「おかゆ・味噌汁(わかめ・なめこ・豆腐など)・梅干しorお漬物」
  • 3日目→朝「おかゆ・味噌汁(絹ごし豆腐など)」:昼「おかゆ・具だくさん味噌汁・納豆などの小鉢(よく噛む事)」:夜「白米少々(胃に問題が無ければ)・具だくさん味噌汁・野菜などの煮物」

 

まず副食期間の3日間は上記のメニューを食べてみて下さい。ただししっかりと噛み、食べ過ぎは厳禁です。

断食してみるとよくわかるのですが、ただの重湯でもとっても甘くてすごく味がします。こんな体験は断食後にしかできないので一食一食をかみしめて味わって下さい。

 

そして上記のメニューで3日間のを過ごせば副食期間は終了となり普通食に戻しても問題はありません。ですが「身体と相談して4日目以降も軽めの食事が良いかな」と感じるのであればもう少し継続しても全然OKです。

 

実際に私はなかなか普通の白ごはんが食べられませんでしたので実際の副食期間に5日要しました。

 

 

 

 

6.おすすめの酵素ドリンク

気合と根性でファスティングを乗り切るのであれば水だけでも可能ですが、水と酵素ドリンクでファスティングを行うと身体の疲労感や体調を崩すことが酵素ドリンクでは少ないと体験者は声をそろえて言います

ファスティングに酵素を用いるメリットは「健康管理」と「代謝の促進」ですのでおすすめの酵素ドリンクを数点私の視点でご紹介させて頂きます。

f:id:kk2017-1122:20171012145854p:plain

 

 

①素材と健康にこだわった老舗酵素

 

「優光泉」

優光泉

おすすめのポイント☆☆☆☆

  • 九州産の野菜にこだわり60種類以上もの素材で作った無添加で体に良い酵素ドリンク
  • 昭和63年創業のファスティング専門家が研究開発した断食専用という安心感
  • 2本で1,100mlの大容量でお買い得
  • モンドセレクション2年連続受賞した確かな信頼と実績
  • 酵素ドリンクの味が素材の甘味を活かした「スタンダード味」とさっぱり飲みやすい「梅ジュース味」の2つのフレーバーをラインナップ
  • 安心の返金保証制度を完備し味が合わなければ返金してくれるという確かな自信

 

管理人からひと言

優光泉は何と言っても返金保証制度があることが素晴らしいです。この制度があることでリスクなくダイエットに投資できるのでまさにダイエットを応援してくれる酵素ドリンクです。

 

 

②吸収と美容にこだわった酵素

 

「ベルタ酵素」

ダイエットモニター企画

おすすめのポイント☆☆☆☆

  • 165種類という圧倒的な酵素量と美容成分を贅沢に配合
  • モンドセレクション2年連続受賞の確かな実績
  • 熱・酸に強いので「ホット・炭酸割り」などいろんな飲み方が楽しめる
  • 酵素分子量(一粒の大きさ)が非常に小さく吸収率が高い
  • 新規購入19パーセントオフで送料無料17時までの注文で即日発送
  • 安心のダイエット専門お客様電話サポートあり

 

管理人からひと言

ベルタ酵素は酵素ダイエットに特化させた酵素ドリンクです。まず余す事なく成分を吸収できる工夫がされていて調理法を選ばなかったり美容成分が入っていたり女性にとって嬉しい一本となる酵素です。

 

 

③大容量でお買い得な酵素

 

「お嬢様酵素」

お嬢様酵素

おすすめのポイント☆☆☆

  • 野菜と野草から抽出した高濃度エキスを贅沢に配合
  • とにかくお買い得ローコスト
  • 美容・ファッション誌にも掲載される実績と信頼

 

管理人からひと言

お嬢様酵素の良いところはコストパフォーマンスが高い所です。優光泉やベルタ酵素のようにこだわりのポイントは少ないですが容量と価格のバランスが良いので買いやすいところがダイエッターには嬉しいですね。

 

 

以上で酵素ドリンクを活用しファスティングを行う「酵素ダイエット」の記述を終えさせて頂きます。

 

酵素ダイエットはその方法から短期間で痩せられる効果の高い減量方法ですが、身体にもそれなりの負担がかかってしまう事を忘れないでください。

酵素ダイエットはダイエットのスタートダッシュやリバウンドの帳尻合わせに使える便利なダイエットではありますが、実施される場合はくれぐれも万全の体調で健康管理に気を付けてチャレンジしてみて下さいね🌸

置き換えダイエットは簡単に痩せる効果的な減量方法【完全版】

置き換えダイエットとは1日3食の食事の内1食を低カロリーな物に置き換えて1日の摂取カロリーを少なくして痩せるダイエット方法です。ポイントはご自身の1日の消費カロリーと1日の摂取カロリーを把握し、ダイエット期間中に摂取カロリーが消費カロリーを超えない食事制限をする事です。その結果足りないカロリーを脂肪を燃やして補うので運動をしなくても痩せやすいダイエットなのです。

f:id:kk2017-1122:20171010230034j:plain

 この記事では置き換えダイエットを成功させるために必要な「概要・理論・注意点・方法」を含めた総合知識を皆様へシェアさせて頂きます。

 

※置き換えダイエットの入り口から出口までの総まとめなので非常に長いコンテンツとなっております。

 

 目次

 

 

1.置き換えダイエットとは

置き換えダイエットは1日の摂取カロリーを減らして痩せるダイエット方法です。カロリーを減らすのでカロリー制限に分類されて、ダイエットの内容も食事を減らしていく方向なので減量方法としてはとても簡単です。

f:id:kk2017-1122:20170923180852j:plain

 

 

置き換えダイエットの特徴

  • 置き換えダイエットでの「食事を置き換える」の意味食べる量を減らすということになります。つまり「食べる量が減る=摂取カロリーが減る」ということになるので痩せるのです。

 

  • 特徴置き換えダイエットのメリット簡単なところです。極端な話1日3食の内1食を食べなければ良いだけです。そして置き換えダイエットには食事制限がありません。つまり「甘い物や炭水化物などの糖質が食べる」のです。

 

  • デメリット置き換えダイエットの難しい所食事を抜くことによって生じる「我慢」です。我慢できる人にとっては効果的で簡単なダイエットですが食事を「我慢できない人にとっては地獄となる」ので他の方法を選びましょう。

 

 

 

 

2.置き換えダイエットが痩せる理由

食事を低カロリーな物に置き換える=1日の摂取カロリーが減るので身体は一時的なカロリー不足の状態になります。その不足したカロリーを補うために脂肪を分解し燃焼してくれるので置き換えダイエットの減量効果は非常に高いのです。

f:id:kk2017-1122:20170923161023j:plain

 

置き換えで痩せる仕組みと効果

  • カロリー制限→文字通り食事を低カロリーな物に置き換える事で今までの食事で1日に摂取していたカロリーよりもダイエット中の摂取カロリーのほうが減ります

 

  • 身体の仕組みダイエット中のカロリー制限によって摂取カロリーが減ると、あなたの身体は「カロリーが減っている、栄養不足かな?」と判断します。つまりカロリー制限で一時的な栄養不足状態を作ります。

 

  • 脂肪の分解カロリーが足りていないと判断した身体は不足したカロリーを補うために1g9キロカロリーもある脂肪を使う準備をします。これが「脂肪を燃やせる状態に分解する身体の作用」です。

 

  • 脂肪の燃焼カロリー不足を補う為に分解された脂肪は身体で燃やされます。この「一連の脂肪燃焼を食事を置き換えるカロリー制限によって起こす」ので置き換えダイエットは効果的に痩せるのです。

 

 

 

 

3.あなたの1日の消費カロリーを計算

まずあなたの1日の消費カロリーを知る事が大事です。食事を置き換えてローカロリーな食事をしてもあなたの身体の消費カロリーが置き換えた食事のカロリーよりも少なければ痩せれないのです。

f:id:kk2017-1122:20171010153624j:plain



 

消費カロリーを算出

  • 基礎代謝→厚生労働省の年齢による1日の基礎代謝の平均は男性で「18~29歳で1,520キロカロリー・30~49歳で1,530キロカロリー・50~69歳で1,400キロカロリー」となり女性で「18~29歳で1,110キロカロリー・30~49歳で1,150キロカロリー・50~69歳で1,100キロカロリー」となります。

 

  • 計算方法→1日の消費カロリーは「年齢による基礎代謝量×活動レベル(1.35~2.00)」で割り出せますが、日本医師会のカロリー算出サイトを参考にするとよいでしょう。ここで自動計算できます。

 

 

カロリー制限で痩せる計算の理論

脂肪1キロ減らすのに必要な消費カロリー7,200キロカロリーです。

仮に「1ヶ月で1キロ痩せたければあなたの1日の消費カロリーから240キロカロリー少ない食事をすれば良い」のです。これが1ヶ月に2キロだと単純に「240×2キロ=480キロカロリー」を減らせば計算上は痩せられます。

 計算の公式「痩せたい重さ(脂肪7,200×目標値)÷ 痩せたい期間(月30×目標ヶ月)=1日に減らすカロリー数」となります。

 

 ただ常識的な食事量であればほとんどの場合は面倒なカロリー計算をしなくても1食置き換えれば痩せることが多いです。

 

 

 

 

4.置き換えダイエットの注意点

置き換えによるカロリー不足状態によって減量の効果は非常に高いのですが、食事を減らすことで身体は一時的な栄養不足状態に陥りやすいので身体のコンディションに気を付ける必要があります。

f:id:kk2017-1122:20170924011427j:plain

 

 

身体の健康面で注意すべきポイント

  • 健康状態置き換えダイエットを行っている人の多くが栄養不足により体調を崩したり軽い風邪をひいたりします。その対策として「マルチミネラルやマルチビタミンを補い体調を良好に保つ工夫をする」と体調に振り回されず安定したダイエットができます

 

  • 筋肉量→置き換えダイエットではカロリーを気にします。カロリーを気にするあまりお肉類を食べない人がいますがそれは間違いです。「タンパク質のカロリーは1g4キロカロリーと意外と高くない」ですし、通常より食事量が減ってしまうのでタンパク質をしっかり食べないと筋肉量が減ってしまいます。

 

 

置き換えダイエットで失敗しやすいポイント

  • 停滞期→置き換えダイエットは非常に減量効果が高いのですが、裏を返せばそれだけ身体の栄養状態が良くないという事です。つまり身体はダイエット期間中の栄養状態を飢餓状態だと判断し「エネルギーの消費量を少なくする省エネモード」に入ります。これが停滞期で置き換えダイエットは栄養状態が良くないので停滞期に入るのが早いです。

 

  • 空腹感置き換えダイエットで注意しないといけないのは食べられないストレスです。そのストレスを上手く緩和しないと「ドカ食い」してしまいリバウンドに繋がってしまいます。「置き換え時の身体は食事からのエネルギーの吸収にどん欲になっている」ので特に注意が必要です。

 

 

 

 

5.実践的な置き換えダイエットの方法

私が推奨する置き換えダイエットは1日3食の内、夕食を置き換える方法です。夕食以降人の身体はエネルギーを消費しにくいので夕食を食べて太ってしまうより、夕食を置き換えることで太るリスクを回避しつつ1日の摂取カロリーを低くできるという一石二鳥のメリットがあるからです。

f:id:kk2017-1122:20170924012216p:plain

 

 

ダイエット期間の設定

  • 停滞期まで→置き換えダイエットで効果的に体重を減らせるのは2ヶ月までです。というのは「インドの医療機関が3種類のダイエットの経過を観測したところカロリー制限ダイエットは2ヶ月前後から体重の減少率が悪くなり停滞期に入る」というデータがあるからです。

 

  • 停滞期を超える場合目標が高く2ヶ月を超えて減量する場合には、体重が落ちない停滞期を耐えなければいけません。この期間を耐えるのはかなりしんどく、「体重が落ちないストレスでドカ食いをしてリバウンド」してしまう人もおおいです。2ヶ月を超える場合はそれなりの覚悟が必要になります。

 

 

置き換えのダイエットの実践方法

  • 朝食普段通りの朝食を食べて頂ければ問題ありません。ただし普段から朝食を食べていない人は元々摂取カロリーが少ない可能性もあるので朝食は少なめに食べて下さい。

 

  • 昼食昼食は好きな物を食べて下さい。昼食でカロリーを気にするとストレスが溜まりますので食べてたい物を我慢せずに食べて下さい。そして「スイーツなどの間食もできれば昼食後に時間をあまり開けずに食べる」と夜までの間にカロリーを消費してくれるのでリスクが少ないです。

 

  • 夕食夕食はカロリー制限を行うためにローカロリーな物に置き換えて下さい。「健康面を考えると置き換え専用のダイエットジュースやスムージーが栄養素が豊富に含まれている」のでおすすめです。

 

 

食事のピンポイントアドバイス

朝・昼の食事の食べる順番に気を付けましょう。よりダイエット効果を高める為に「野菜類→肉・魚類→炭水化物」の順番で食事すると血糖値の上昇が穏やかになるので減量効果が高くなります

 

 

ストレス対策

  • 食べる→置き換えダイエットではダイエットドリンク「ジュース・青汁・スムージー」に置き換えることが多いです。本来食べ物に食べる時に飲むだけでやり過ごすのは非常にストレスになります。なので「置き換えダイエットではドリンク系と食品系を使い分け」てカロリーコントロールをしながら気分のコントロールをすることも重要です。

 

  • 間食ダイエット期間中はカロリーを減らしたいので間食を抑えるのが当たり前ですが、それがストレスになって失敗するようであれば低糖質のお菓子やスイーツを食べて乗り切って下さい。お腹が空いた場合にもこれらのお菓子は活用できます。おすすめは「ローソンのブランシリーズとファミマのライザップシリーズ」です。

 

 

もっとダイエット効率を上げて体重を減らすには

有酸素運動を取り入れましょう。水泳・ウォーキング・サイクリングなどの有酸素運動で使う「しなやかな筋肉」には脂肪を燃焼してくれるミトコンドリアという機関がたくさん存在しています。

つまり「ミトコンドリアが多く存在するこの筋肉を動かす有酸素運動を取り入れる」ことで脂肪燃焼の効率が飛躍的に上がります。

目安としては週に1日2時間で2日程度の有酸素運動を取り入れると十分です。

 

 

 

 

6.置き換えダイエット後のリバウンド対策

置き換えダイエットによって少ないカロリーで生命維持をしていた身体はエネルギーの吸収にどん欲な状態です。この体に通常食のカロリーを与えると吸収しすぎて一気にリバウンドしてしまいます。

 

 

リバウンドの真意

ダイエット前の食事を思い出してください。

今までの食生活によってあなたの身体は脂肪が増えたので太ってしまったんです。それは「あなたの身体の代謝力では今までの食事のカロリーを消費しきれない」ということです。

つまりダイエットを行って痩せたからといって前の食事内容に戻せばまた太るということです。

 

 

リバウンドの対策方法

  • ダイエット直後→前の食生活に戻る事はできませんが、一気にリバウンドさせないためにダイエット直後の食事には細心の注意が必要です。具体的には「置き換えていた夕食を3日間炭水化物を減らしながら少なめに食べて」下さい。この時2キロ程度体重が増える人が多いですがこれはダイエット終了によって水分量が戻るからです。

 

  • これからの食事→ダイエット直後の3日間を乗り越えればまた少しづつ食事量を増やしていきましょう。こうして少しづつ食事を増やしていくことであなたの体重が増えるという変化が現れる食事量を発見できます。その「食事量が今のあなたをリバウンドさせない食事量」です。

 

  • おすすめの食事→1日3食を食べたいのであれば夕食を炭水化物を抜いてタンパク質と野菜類を食べるようにするリバウンド効果がかなり高いです。要するに
    「夕食以降のエネルギー消費が下がる時間に太る原因である炭水化物を抜く糖質制限を行う」ことで太るリスクを低減させる方法です。

 

 

食事量を減らしたり食事内容を変えたくない場合

身体の代謝力を上げるか1日の消費エネルギー量を上げるしか方法はありません。

代謝力を上げるには「代謝に必要な成分を摂取するか筋トレを行い筋肉量を増やして代謝力を上げる」という方法があります。

エネルギー消費量を上げるには「日常生活で階段を使ったり、運動を取り入れて無駄に動いてカロリー消費を促す」しか方法はありません。

こうして痩せた後もエネルギー消費量を増やす行動をすれば以前と同じ食事が楽しめますよ。

 

 科学的に代謝を上げてみたい方は下の記事をご参照ください。

www.diet-soundsgood.com

 

 

 

 

7.置き換えダイエットにおすすめのアイテム

置き換えダイエットはその気になれば夕食を食べなければ良いだけです。つまり気合で食べなければ痩せられるのですが、空腹感が我慢できなかったり栄養が足りなくなって体調を崩しせっかく始めたダイエットが台無しになってしまう人も多いのです。それらの問題を高次元で解決してくれるのが置き換え専用の食品たちです。

f:id:kk2017-1122:20171010225113j:plain

 

 

おすすめの置き換えドリンク

簡単にカロリーカットができて豊富な栄養素を含んでいるおすすめの置き換えアイテムをご紹介させて頂きます。

 

①めっちゃ贅沢フルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

おすすめのポイント☆☆☆

  • 名の通り贅沢に「酵素:181種類・青汁:4種類・美容成分:3種類・健康成分:2種類」身体に良い成分が入っている事
  • 青汁なのにフルーツテイストで飲みやすくて美味しい
  • 続けやすい値段「5,980円が初回に限り680円」とてもお求めやすく2回目以降も割引制度あり
  • 信頼と安心の返金保証制度がもうけられている

 

②ダイエットシェイク

美容液ダイエットシェイク

おすすめのポイント☆☆☆☆

  • 5台栄養素がしっかり入って食物繊維・ピュアコラーゲン・大豆成分などの身体に良い成分が入っている事
  • ドリンクタイプでも腹持ちが良い工夫がされており1杯で満腹感がえられること
  • 初回購入金額が通常の20パーセントオフでダイエット応援価格であること
  • 無添加で安心して飲み続けられること
  • 安心と信頼の全額返金保証制度あり
  • ダイエットに関する無料電話サポート体制があること

 

③チラリッカ

チラリッカ

おすすめのポイント☆☆☆

  • ほうれん草由来の栄養成分であるチラコイドとビタミン・ミネラル・108種類の植物酵素がふんだんに入っている事
  • ほうれん草の成分が満腹中枢に働きかけ空腹を満たしてくれること
  • 初回購入金額が70パーセントオフで送料無料しかも2回目以降も割引制度あり
  • 美の代名詞「ミスユニバースジャパン公式認定」という確かな実績がること

 

 

おすすめの置き換え食品

①マイクロダイエット

 

おすすめのポイント☆☆☆☆

  • 栄養素50種類以上・アミノ酸スコア100以上・水溶性不溶性食物繊維が豊富に含まれていること
  • ドリンク7種類・リゾットパスタ4種類・シリアル3種類と置き換えに使うアイテムや種類が豊富で飽きない
  • 日本人の味覚に合わせて味を徹底開発しユーザーから美味しいと評価されていること
  • 栄養士・管理栄養士が栄養バランスを評価し高評価を得ていること
  • 安心と信頼から正解中の専門機関で1000件以上の採用を受けており確かな実績があること

 

 

置き換えドリンク・食品1週間お試しアイテム

①マイクロダイエットお試しキャンペーン

 

おすすめのポイント☆☆☆

  • 敷居の高いマイクロダイエットが61パーセントオフのお試し価格でスタートできること
  • 置き換え食品3種類7タイプを安価に試せること
  • 次回購入に使える2000ポイント獲得できること(1ポイント1円)

 

 ダイエットには根性も大切ですが一番大事なことは「簡単で続けやすいアイテムを活用して減量を継続する」ことです。

著名なモデルさんや女優さんが置き換えダイエットに置き換えアイテムを活用しダイエットを行っているの簡単では便利だからです。

お好みのアイテムで置き換えダイエットを成功に導き痩せて下さい。

 

 

以上で置き換えダイエットの入り口から出口までを最低限網羅した記事を終えさせて頂きます。

記述してある情報は置き換えダイエットを成功させるために必要な内容となっていますので、是非ご参考にしてください🌸

ダイエットの目的を体重【数字】の減少にすると失敗するという話

ダイエットとは痩せることですが、体重だけを見て痩せたと判断したり体重という数字を追いかけ過ぎるとストレスになります。その結果挫折したりハード過ぎる食事制限に足が向いてしまったりして失敗します。ダイエットで追いかけるべきは体重ではなく体脂肪なのです。

f:id:kk2017-1122:20171010143314j:plain

この記事ではダイエットで何かと関心の対象になる体重の落とし穴を皆様へシェアさせて頂きます。

 

 目次 

 

 

1.ダイエットで減らしたいのは体重?

ダイエットする上で必ず気になるのが体重ですよね。色々なサイトでもインパクトや効果を主張する為の目玉として必ず数字をアピールしますが、減量に関する体重という数値は目的ではなくダイエットを終えた後の単なる結果に過ぎないのです。

f:id:kk2017-1122:20171010143620j:plain

 

 

 本来のダイエットの目的

  • 健康→お医者様に血液検査の数値から「痩せないとダメだよ」と言われて健康目的でダイエットし検査結果を良い状態にする為にダイエットで体脂肪を落とす。

 

  • 美容→「もっと綺麗になりたい・もっとカッコ良くなりたい」と身体から無駄な体脂肪を落とし美しいボディラインを作る美容目的のダイエットを行う。

 

 

目的に体重なんて関係ない

健康面や美容面でも目的としているポイントに体重なんて関係ないのに、気が付けば体重を指標にして減量してしまい体重頂上主義のように体重を追いかけてしまっているのがよくある光景です。

これは私の携わっているダイエット業界の悪しき風習でもあるのですが、必ず目標体重を設定するという習慣が染み付いてしまっているためです。本来の目的は痩せて「なりたい自分になる」ことのはずです。

 

 

 

 

2.ダイエットで減らさなくてはいけないのは体脂肪

ダイエットで減らさなければいけないのは身体の重さではありません。減らすべきは身体についてしまい見た目や健康被害をもたらす体脂肪です。

f:id:kk2017-1122:20171010143344j:plain

 

 

身体の重さの指標

  • 脂肪脂肪の比重は非常に軽いです。つまり脂肪1キロの大きさはかなり大きくなるので脂肪が減った事による数字のインパクトは少ないのです。

 

  • 筋肉筋肉の比重は脂肪の5倍以上の重さがあります。仮にダイエットで筋肉が落ちたとすると数字のインパクトは非常に大きいのです。

 

 

ダイエット=体脂肪の減量で必ずしも体重が減る訳ではない

ダイエットを行って一番最初に減るのは運動や食事制限による水分です。この時2キロ程度の水分が体から減り体重という数字に表れます。

その後徐々に体脂肪が分解されて燃焼されるという工程を繰り返し徐々に脂肪が減っていきます。その現象の値は1日に多くても100g程度なので体脂肪が減ることによって目に見える体重の減少は微々たるものなのです。

仮にトレーニングを行い筋肉を増やしながら体脂肪を落としたら体重のインパクトなんてほとんど無いのです。

 

 

 

 

 

3.体重を追いかけ過ぎておちいる罠

しっかりとダイエットを行っていれば少しづつ脂肪は減っていくのですが、数字のインパクトが少ないので痩せていないと勘違いして思い切ったカロリー制限に走る人がいます。

f:id:kk2017-1122:20171010141632j:plain

 

 

体重によって失敗の罠にはまるサイクル

  • ダイエット開始→「痩せて綺麗になる」「体脂肪を減らして健康になる」という目的を掲げダイエットします。

 

  • 日々の体重計測→痩せた指標として毎日体重計と睨めっこします。

 

  • あまり痩せていない→少しづつ数百グラム単位で体重は増減を繰り返し、少しづつ体脂肪は減っていくので目に見える減量感は無いです。

 

  • 食べちゃダメ→体重という数字に囚われているので「痩せてない」「このままじゃダメだ」とダイエット意識の高い人は思ってしまいます。そうなると健康被害を起こすレベルの食べないカロリー制限を行います

 

  • 過度なカロリー制限→1日2食置き換える・カロリーの高いお肉類を食べないなどの過度なカロリー制限を行ってしまうのは人間の心理です。

 

  • 体重の減少→そうすればすごい早さで体重が落ち始めます。理由は簡単で食べる量を減らしているからです。

 

  • お粗末な身体→体重は減り、ほっそりしたけどどこかメリハリの無いだらしない身体になってしまう人が多いです。具体的には「身体の皮がたるんだり少したれたりして美しくないボディライン」になります。

 

 

 体重を意識しすぎてダイエットを挫折する

上記以外の失敗パターンだと体重が減らないことで痩せれてないと思い込みストレスになって「こんなに頑張っても体重が減らないんだ」とダイエットを諦めてしまう人が多いです。

数字だけを見るんじゃなくて「ダイエットを始めた時の自分と見た目を比べると身体の見た目は変わっている」はずですよ。しっかりと比較できるようにダイエットをスタートした時の自分の写真を撮っておきましょう

 

 

 

 

4.体重思考のダイエットで目的を達成した頃には手遅れに

過度なカロリー制限を行い体重はぐんぐん減っていきますが、減ってしまったのは「脂肪」と代謝とボディラインを保つ「筋肉」です。

f:id:kk2017-1122:20171010142020j:plain

 

 

筋肉が低下するダイエットは厳禁

  • カロリー制限→体重にこだわり過ぎるあまり食べない選択をするとタンパク質・脂質が一番のターゲットにされ避ける人が本当に多いです。

 

  • 筋肉量低下筋肉の原料であるタンパク質を食べないことで恐ろしい速さで脂肪の5倍の重さがある筋肉が減り体重がぐんぐん下がります。

 

  • 代謝の低下筋肉は身体の基礎代謝の約20%をになっているので、痩せる為に減らしてしまっては本末転倒です。ダイエットしたのに逆に太りやすくなるわけです。

 

  • 体型の悪化筋肉は外骨格と言われるように身体の形を作っている組織です。筋肉が痩せると皮膚に張りがなくなりたるんでしまうので見栄えが悪くメリハリが無くなります。

 

 

 

 

5.体重のインパクトより見た目のインパクトに満足しよう

体重は単なる結果なので体重を追いかけて失敗するなら、時間をかけて体脂肪だけを減らしましょう。そして数値よりも見た目のインパクトで満足できた方がきっとダイエット後に幸せになれます。

f:id:kk2017-1122:20171006161652j:plain

 

 

ダイエットで数値を追いかけるなら体重計でなく体組成計

現在家庭でも気軽に体脂肪率や筋肉量を測れる体組成計がタニタやオムロンから発売されています。体重を追いかけるよりも「体組成計で体脂肪の変化率筋肉量を記録してダイエットする」と見た目のインパクトが高い身体を手に入れられますよ。

タニタ 体重・体組成計 インナースキャン50 パールホワイト BC-314-WH

 

 

以上で「ダイエットで体重を追いかけ過ぎると良い事がないよ」というメッセージを終えさせて頂きます。

体重が減ると嬉しいという気持ちはわかりますが体重を追いかけ過ぎて筋肉という大切なダイエットの宝物を無くさないようにしてください🌸