ダイエット野郎

ダイエット業界でサラリーマンを続ける男のブログ

太る原因は年齢による燃焼力の低下!代謝を理解しダイエットに勝つ!

ダイエットをする前に太る原因が分かればダイエットはより簡単になります。実は肥満の原因はエネルギー消費に関わる基礎代謝の低下が主な要因なんです。

 

この記事では太る原因と基礎代謝の関係性を「代謝概要・原因・予防改善」に分けて皆様にシェアさせていただきます。

 

 目次

 

 

1.代謝とは

体温の維持や脳や心臓などの内臓の働き、つまり生命活動をする為にエネルギーを使ったり生み出す事を代謝と言います。

 

 

代謝の働き

  • 概要→代謝を簡単にご説明させていただきますと、外部から取り入れた物質(有機物・無機物)を体内で利用、消費したり(代謝)する事です。
  • 同化→この代謝と呼ばれる化学反応には私たちの筋肉や血液、脂肪など身体を造る反応も含まれます。これを同化(物質合成)と言い、別名新陳代謝とも呼ばれています。
  • 異化→食べるなど外部から体内に取り入れた物を分解(消化)・消費(燃焼)する反応を異化と言います。ダイエットに重要なこちらの代謝で基礎代謝もこちらに含まれます

 

 

 

2.様々な代謝の種類

ダイエットに重要な異化には「基礎代謝・生活活動代謝・DIT(食事誘導性耐熱産生)」の3つ、同化には「身体の構築・エネルギーの蓄積」の2つがあります。

 

 

痩せる代謝(異化)

  • 基礎代謝→エネルギーを使って呼吸や内臓機能、体温調節を行う事を基礎代謝と呼び、基礎代謝を構成している部位の割合が「脳19%・筋肉18%・肝臓27%・腎臓10%・心臓7%・その他19%」です。

f:id:kk2017-1122:20170909143546j:plain

 

  • DIT→食事による「消化・吸収」で消費されるエネルギーの事を言い、DITのエネルギー消化割合が「タンパク質30%・脂質4%・糖質6%」となります。これは面白いことにタンパク質を食べると一番カロリーを消費するという事です。

f:id:kk2017-1122:20170909143612j:plain

 

  • 生活活動代謝→日常の行動や体を動かす事でエネルギーを使う事を言います。ダイエットで運動をして消費するエネルギーもこちらに含まれます。

f:id:kk2017-1122:20170909143633j:plain

 

 

太る代謝(同化)

  • 新陳代謝→皮膚の生まれ変わりや新たに筋肉の構築など、新しく体を作る事を言います。体重が増えても筋肉が増える事は良い事です。
  • エネルギー蓄積主に脂肪の蓄積が体にとってエネルギーを貯蔵庫に蓄える事になります。つまり太る代謝というわけです。

 

以上が代謝の詳細なんですが、ダイエットの代謝として重要だと騒がれてる筋肉は数値的に見れば意外と少なくこんなもんです。むしろ筋肉以外の脳や肝臓などの臓器関連の方がはるかにエネルギーを使ってるんです。

 

 

 

3.年齢と代謝の関係

年齢と共に代謝が下がるのは皆様ご存知かと思います。そこでどの年齢からどの代謝が下がってしまうのか解説します。

 

 

代謝の低下の真実

  • 基礎代謝→まず下の画像をご覧ください。男女ともに大きく基礎代謝が低下している時期は18歳〜29歳の頃からです。その後50代からまた基礎代謝が低下しています。

f:id:kk2017-1122:20170909144532p:plain

 

  • 筋肉量→下記グラフは年齢に伴う筋肉量の推移です。筋肉量は30代前後まで増加しそこから緩やかに低下していき50代でさらに低下を早めます。

f:id:kk2017-1122:20170909144755p:plain

 

各グラフの各ポイントを比較すると、基礎代謝が低下している第1のポイントは「10代後半から20代後半」で第2のポイントが「50代」です。そして筋肉量低下のポイントは第1が「30代」で第2が「50代」です。

 

つまり一般的に言われている筋肉量の低下が代謝の低下というのは50代では当てはまるけど、太り始める20代後半では当てはまりません太る原因となる代謝の低下は筋肉以外の基礎代謝が低下していくからなんです。

 

 

 

4.代謝の低下と肥満

筋肉以外の基礎代謝の低下とは内臓や呼吸、体温調節機能などの生命活動をサポートする代謝調節因子の低下が肥満の原因です。

 

 

代謝調節因子とは

  • 代謝に必要な物→人が生きていく上で体内では様々な化学反応が行われています。その反応を起こす為に必要な物質が補酵素と呼ばれるもので、その総称を代謝調節因子と呼びます
  • 代表的な補酵素→代表的な物としては「アディポネクチン・αリポ酸・Lカルニチン・コエンザイムQ10」などがあります。30代を目前にこれらの補酵素の生産量の低下が基礎代謝低下の大部分を占めています。

 

つまり30代前後から太りやすくなるというのは主に臓器関係の代謝が低下する事が原因なんです。

 

 

 

5.代謝の低下とダイエット

ダイエットしても痩せない人や痩せるスピード遅い人は基礎代謝が低いからで、その場合は代謝調節因子を補うのが効率の良い方法です。

 

 

代謝の低下とダイエットの向き合い方

  • ダイエットサポート→ダイエットを始める方やダイエット中の方は自分の基礎代謝が低下している事を頭に入れ脂肪燃焼に必要な補酵素をダイエットに取り入れると効率良く痩せる事ができます。
  • サプリメント→ダイエット時の脂肪の燃焼に必要な補酵素は「αリポ酸・Lカルニチン・コエンザイムQ10」などが脂肪の燃焼に有効とされています。
  • 飲むだけではダメ→ただし、ダイエットは脂肪を燃やす作業だけでは痩せれませんのでしっかりとダイエット成功の法則を守りましょう。

 

世の中の成功しているダイエット

確実に結果を出しているダイエットは

「脂肪の分解作業=食事制限」+「脂肪の燃焼作業=運動or燃焼サプリ」=痩せるという公式が成り立っていますので詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

 

www.diet-soundsgood.com

 

☆食事制限で脂肪を分解し、代謝調節因子を補う事で代謝力をサポートし効率良く時短なダイエットができます。これが科学と研究が進んだ事で可能になった現代に相応しいダイエットです。

 

 

この記事では年齢重ねる事によって基礎代謝が低下し太りやすい体質になっていきますよ~という事を様々なデータから読み解き解説させて頂きました。具体的な年齢のデータからダイエットされている皆様の体がどの状態にあるかという目安になると思いますし痩せない原因や太る原因が分かる事でダイエットの方法も変わってきます。

 

食事制限によるダイエットを試みても痩せないな~とか痩せるのが遅いな~という人は一度基礎代謝を疑ってみて下さい。基礎代謝は、ご近所の薬局や町のクリニックなどで体組成計という機械で気軽に計る事ができますよ。

 

 

次回は効率良くダイエットをする為に必要な「基礎代謝の立役者」である代謝調節因子について詳しくお話させて頂きますのでお楽しみにお待ちください🌸