ダイエット野郎

ダイエット業界でサラリーマンを続ける男のブログ

脂肪の分解の仕組みを徹底解説!ダイエットの重要なスタート地点

痩せるとは「脂肪を分解して遊離脂肪酸にする」そして「遊離脂肪酸を燃焼する」の2つの作業を行うことです。つまりダイエットは脂肪を分解しなければ始まらないのです。そしてダイエットで痩せない一番の原因が脂肪の分解を失敗している事が多いので分解を成功させるための仕組みを理解し正しい知識を身に付け効率の良い減量を成功させましょう。

f:id:kk2017-1122:20171003203447j:plain

この記事では脂肪を分解する為の「概要・仕組み・方法」の総合知識を皆様へシェアさせて頂きます。

 

 目次

 

 

1.脂肪とは

私達の減らしたい脂肪は「白色脂肪細胞」というエネルギーを貯蔵する為の細胞組織です。

f:id:kk2017-1122:20171003203859p:plain

 

 

脂肪細胞の働き

  • エネルギーの貯蔵庫脂肪は食事から摂取して使いきれずに余ってしまったエネルギー源をストックする働きメインとなる貯蔵庫のようなものです。

 

  • 身体を守る人のエネルギー源は主に糖をエネルギー源として生活していますが、使いきれずに余った糖は人体に害を及ぼすので余った糖は速やかに中性脂肪に変化され脂肪に貯蔵される事で身体を守っているのです。

 

  • 人体への害糖が人の身体に及ぼす影響糖が体内で固まる糖化反応による炎症です。体内に糖が滞留すると糖化が起きてしまうので余った糖は速やかに脂肪に変換されるのです。

 

ホルモンの分泌

  • 痩せている時→脂肪細胞は人に備わったたった一つの貯蔵庫なので、痩せて脂肪が小さいときには抗肥満効果のあるアディポネクチンというホルモンを分泌し身体の良好な状態を保つようにアシストします。

 

  • 太っている時逆に脂肪が膨らみ太り出すと健康被害を教える為にSOSの意味も込めて身体に良くないTNF-αというサイトカインを分泌体調の変化などを起こして異常が起きていますと知らせます

 

 

 

 

2.脂肪の分解とは

脂肪細胞の中には中性脂肪がたくさん詰まっています。中性脂肪はそのままでは燃焼できないので遊離脂肪酸に分解する事で燃焼ができます。

f:id:kk2017-1122:20171003205231p:plain

 

燃やすために遊離脂肪酸に分解

  • 中性脂肪中性脂肪(トリグリセリド)は保存と体内の移動に適した脂肪の形で、主に余った糖から肝臓で生産されて脂肪細胞に貯蔵されます

 

  • 遊離脂肪酸中性脂肪をエネルギー源として使う為に脂肪細胞の中から外に排出します。脂肪細胞の外に出る時=燃焼される為となりますので中性脂肪は遊離脂肪酸という燃焼に適した形で血中に放出されます。

 

  • ミトコンドリア遊離脂肪酸は糖に代わるエネルギー源なので、体中の細胞に無数に存在するミトコンドリアというエネルギーを作る期間に運ばれて遊離脂肪酸は燃焼されATPという人間が生命活動に必要なエネルギーを作ります。

 

 

 

 

3.脂肪分解の仕組み

脂肪の分解にはインスリンというホルモンが深く関わっています。インスリンが分泌されると脂肪は分解されず逆に蓄積されるので分解するにはインスリンの分泌を控える必要があります。

f:id:kk2017-1122:20171002133035p:plain

 

脂肪を分解する酵素

  • HSLホルモン感受性リパーゼ(HSL)という酵素で脂肪細胞の内側に多く存在中性脂肪を遊離脂肪酸に分解してくれるダイエットにとても重要な存在です。ダイエット成功の鍵はこのHSLの活性をいかに上げるかがポイントとなります。

 

  • LPLリポタンパクリパーゼ(LPL)という酵素で脂肪細胞の外側に多く存在中性脂肪をどんどん脂肪細胞内に蓄える働きがあります。ダイエットの失敗の多くがこのLPLを上手く抑制できず脂肪を分解できていない状態です。

f:id:kk2017-1122:20171002134607p:plain

 

 

インスリンが脂肪の分解に与える影響

  • インスリン分泌脂肪分解に関わるHSL・LPLの活性に関わるのがインスリンです。インスリンが分泌されると脂肪を蓄積するLPLの活性が上がり脂肪を貯めますこの時逆にHSLの活性は下がり脂肪の分解は止まってしまうのです。

f:id:kk2017-1122:20171003211402p:plain

 

  • インスリン未分泌インスリンが未分泌の状態になると脂肪を分解するHSLの活性が上がり脂肪をどんどん分解します。この時LPLの活性は下がり脂肪を蓄える働きがストップします。つまりインスリンを出さなければ脂肪の分解は進むのです。

f:id:kk2017-1122:20171003211429p:plain

 

 

 

 

4.具体的な脂肪の分解方法

痩せるダイエットには必ず「糖質制限orカロリー制限」のどちらかの食事制限がついてきます。その理由は脂肪を分解するための行動として体の仕組みを利用した食事制限が絶対に必要だからです。

f:id:kk2017-1122:20171003212523p:plain

 

糖質制限で脂肪分解

  • インスリンの分泌インスリンが分泌されると脂肪の分解がストップします血糖値が上がってしまう上がってしまうとインスリンが分泌されるので血糖値を上げなければインスリンは分泌されません

 

  • 糖質を抜く血糖値を上げない一番の方法は食事から糖質「米・パン・麺・芋・菓子」を抜く事です。身体に入ってくる糖を無くせば血糖値は上がりようがないですよね。

 

  • 効率的な脂肪分解→つまり糖質を抜く事で一番効率良く脂肪を分解できるのです。これは身体の食事に関する代謝の仕組みを逆手に取った科学的な脂肪分解方法です。

www.diet-soundsgood.com

 

 

カロリー制限で脂肪分解

  • インスリンの状態カロリー制限では糖質も食べられますつまりインスリンは分泌されてしまうのです。

 

  • 食事を減らすカロリー制限=1日の食事量が減るということです。つまり身体の状態を一時的意図的に栄養失調状態にすることで足りないエネルギーを体が補おうと働きます

 

  • 栄養を補う為に分解カロリー制限で一時的に栄養失調状態にする事でインスリンが分泌されたとしても栄養を補う為に脂肪が確実に分解されます。これは身体の「恒常性の維持」という仕組みを逆手に取った方法です。

www.diet-soundsgood.com

 

 

 

 

5.脂肪分解の仕組みまとめ

脂肪を燃焼する為に中性脂肪を「遊離脂肪酸」に分解する。

②脂肪分解を促進するHSLの活性を上げるの方法はインスリンを分泌しない事。

③具体的な脂肪の分解方法「糖質制限:血糖値を上げない方法」か「カロリー制限:一時的に栄養不足状態にする方法」のどちらかの食事制限を行う。

 

 

糖質制限をサポートするアイテム

糖質制限は非常に効率の良い脂肪の分解方法ですが、日々の食事から徹底的に糖質を抜くのは案外難しいのです。「特に多く含まれているのが炭水化物ですが実は様々な食べ物に糖が含まれている」からです。日頃の食事から少しでも糖の吸収を阻害する「糖質カットサプリ」を常用するのが糖質制限を成功させる確立を上げる最善の方法です。

ファンケルの大人のカロリミット(

 

カロリー制限をサポートするアイテム

カロリー制限の代表的な方法と言えば「置き換えダイエット」です。これは一日3食の食事の内1食を低カロリーで栄養素が豊富な「置き換え専用ドリンク」に置き換える事で手間なく簡単にカロリー制限を行うという方法です。置き換えダイエットは非常に簡単なので「モデルさんのような著名な方をはじめ世界中の痩せたい人にダイエットや体形維持で使われる減量方法」です。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

以上でダイエットに必ず必要な「脂肪の分解」に関する解説を終了させて頂きます。

脂肪の分解ができていなければ痩せる事はできないので、逆に言えばダイエットは脂肪の分解から始まるのです。もし痩せないという人は一度自分のダイエットにしっかりと脂肪を分解するパートがあるか確認してみてください🌸