ダイエット野郎

ダイエット業界でサラリーマンを続ける男のブログ

お腹痩せダイエット方法伝授!お腹ぽっこりは女性ホルモンと運動で解消

お腹痩せダイエットは誰もが気になる方法だと思いますが、お腹がぽっこりと出てしまう太り方は女性特有の女性ホルモン量の低下が一番多い原因なんです。そして女性ホルモンと肥満には密接な関係があります。それは女性ホルモンに脂肪をコンパクトに保つ力があるからです。

 

この記事ではぽっこりお腹を解消する為の女性ホルモンの「働き・知識・仕組み・方法」を皆様にシェアさせて頂きます。

 

 目次

 

 

1.女性ホルモンの働き

女性ホルモンには大きく分けてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類が存在し、どちらも卵巣で作られています。双方の違いを簡単に、ご説明致しますとエストロゲンは女性らしさに関与するホルモンで、プロゲステロンは妊娠に関与するホルモンです。

f:id:kk2017-1122:20170911144821j:plain

 

 

女性の魅力の根源

  • エストロゲンの作用脂肪細胞を小さくする・女性らしい体型を作る・肌や髪のコンディションを整える・骨芽細胞を活性化する等異性に対し魅力的な容姿「女性らしさ」を作るという働きがあります。これがお腹痩せダイエットにキーになるポイントです。

 

  • エストロゲンの分泌→生理開始から排卵日頃まででその間に卵胞の成熟を促し妊娠する為の準備も行います。

 

 

女性にしかできない事

  • プロゲステロンの作用→基礎体温の上昇・子宮環境を整える・妊娠後乳腺の発達を促す・精神が不安定になる=月経前症候群(PMS)等を引き起こし中にはバストが大きくなる人もおられます。

 

  • プロゲステロンの分泌→排卵日頃から生理開始までで妊娠に関する働き【エストロゲン=魅力を作る→プロゲステロン=妊娠をサポートする】なので、
    生物学的(子孫を残す)な働きがメインとなります。

 

 

女性ホルモンを生物学的に読み解くと

生物のゴールは子孫を残す事となります。ゴールを目指すためにエストロゲンが「髪・肌・艶・ボディライン」をより女性らしく魅力的に変え、魅力的になった女性が妊娠できるようにサポートするのがプロゲステロンの働きとなります。つまり女性にとって女性ホルモンはとても重要な存在で女性の命みたいなものなんです。

 

 

 

 

2.エストロゲンとお腹痩せの関係

エストロゲンには女性を魅力的に保つ効果があり、妊娠する為の下準備として美しさを保つ訳ですが、妊娠には適齢期があります。加齢によって適齢期を過ぎた頃からエストロゲンは役目を終え減少していきます。エストロゲンが減少する事で、女性らしい体型を保つ事が困難になり、下腹部に脂肪がつく「お腹のぽっこり」や非常に「太りやすい身体」へと変わってしまうのです。

 

 

エストロゲンのピークと減少

  • ピーク(成熟期)女性ホルモンは0歳児から20代まで急激に増え30代に入ると増加曲線は緩やかになっていきピークを迎えます。

f:id:kk2017-1122:20170911150329p:plain

  • 減少時期→減少には個人差がありますが、グラフを見ると30代前半を境に減少していきます。この結果を見ると20代後半から太りやすくなったとか30歳を境に肥満体型になった等の数々の女性の発言と女性ホルモン量の推移が一致していると思います。

 

  • 40代付近40代になるとエストロゲンがかなり減ってしまっていますこの年齢の前後からお腹がぽっこりと出てしまうという女性特有の太り方が表れてきます。

 

 

エストロゲンの減退に立ち向かう

これは女性の妊娠適齢期とリンクしており子供を授かるには30歳までが安全というお医者様のお話が正に上記のホルモン量によるものなのです。ですが現代社会では科学の力を使い40代での妊娠も可能な場合があります。

それは女性ホルモンをサポートして「女性らしさ」の期間を延長する方法があるからなんです。つまりそれがダイエットでお腹ぽっこりを解消する方法となります。

 

 

 

 

3.エストロゲンとイソフラボン

イソフラボンは別名植物性エストロゲンと呼ばれるぐらいエストロゲンと形も効能も似ている物質です。ダイエットに関して言えば、イソフラボンにもエストロゲンの様な
脂肪をコンパクトに保つ作用もしっかりと備わっているのです。

 

 

イソフラボンの働き

  • 構造が似ている→左がエストロゲンで右がイソフラボンです。動物性(エストロゲン)と植物生(イソフラボン)で構造的に似てるなんて驚きです。

f:id:kk2017-1122:20170911150746p:plain

 

  • エストロゲンが無くなる→画像左側が普通のマウス・画像右側が卵巣を摘出したマウスの脂肪細胞の比較画像となります。卵巣が摘出されている方の脂肪細胞が肥大化しているのは、卵巣摘出により女性ホルモンが無くなってしまったので、脂肪細胞が肥大化してしまっているのです。女性ホルモンの減少が肥満に繋がる確固たる証拠ですね。

f:id:kk2017-1122:20170911151027p:plain

 

  • イソフラボンを摂取する→画像右側が先ほどの卵巣を摘出し女性ホルモンが無くなってしまった状態の脂肪細胞ですが、左側の画像は卵巣を摘出して無くなってしまった女性ホルモンの代わりにイソフラボンを摂取した状態の脂肪細胞となります。明らかに脂肪細胞がコンパクトにきめ細かい状態になっています。つまりイソフラボン=女性ホルモン作用で脂肪がコンパクトになり、お腹痩せダイエットは実現されるのです。

f:id:kk2017-1122:20170911151118p:plain

 

百聞は一見に如かず

イソフラボンは植物生エストロゲンという名の通りエストロゲンが持つ脂肪をコンパクト(太り難い)にする作用があり、これがお腹のぽっこりに効きお腹痩せを促します。そしてイソフラボンが美容に関する成分として有名な理由が、女性ホルモン様作用による女性らしさを保つものなのです。この事からイソフラボンは、より美しく魅力的な女性へと導いてくれる最高のダイエットパートナーなのです。

 

 

 

 

4.効果の高いイソフラボン

イソフラボンは2種類存在し、1つ目がグリコシド型イソフラボンで、2つ目がアグリコン型イソフラボンです。結論から申し上げますが摂取するなら絶対にアグリコン型イソフラボンです。なぜならアグリコン型イソフラボンの方が体内への吸収率に優れているからです。

 

優秀なイソフラボン

  • 普通のイソフラボン世の中にあるほとんど全てのイソフラボンは残念ながらグリコシド型イソフラボンで、それは仕方のない事なのです。元々イソフラボンの構造には糖がくっついており、この糖が腸管で吸収の邪魔になってしまうのです。よって腸内細菌が糖を分解しないと吸収が難しく、圧倒的に吸収効率が悪く吸収できるのは摂取量のわずか1/3程度と言われています。

f:id:kk2017-1122:20170911151940p:plain

  • 優秀なイソフラボン元来のイソフラボンを特殊発酵させる事で吸収を阻害していた糖を剥がす事に成功した為腸管から直ぐに吸収されるという優秀なイソフラボンがアグリコン型イソフラボンなのです。

 

  • 食事から摂取→アグリコン型イソフラボンを身近な食品から摂取するには「お味噌・納豆」などの発酵大豆食品を食べる必要があります。しかし味噌や納豆を大量に食べるのは難しく塩分の取り過ぎにもなるので注意してください。

 

  • サプリメントで摂取アグリコン型イソフラボンは元々産婦人科医が女性ホルモンを強力にサポートする為に研究開発された物です。なので効果は折り紙付きです。食事から摂取するのは現実的には難しいので効率良く摂取するにはサプリメントがおすすめです。

イソラコン

 

 

 

 

 5.効果的なお腹痩せダイエットの方法

お腹のぽっこりは女性特有の女性ホルモンの減少が原因でしたね。減りゆく女性ホルモンを補いつつお腹周りの脂肪を燃やす手助けをするために適度な運動をするとよりお腹周りの脂肪を落とす事ができます。

 

 

効果的なお腹痩せ方法

  • イソフラボン→上記の通り吸収効率が良く体内で女性ホルモン様作用を発揮してくれるアグリコン型イソフラボンを摂取する事がお腹ぽっこりの根本改善となります。

 

  • エクササイズ→アグリコン型イソフラボンを摂取した上で一日20回程度の腹筋と背筋を行い胴体周りの運動をするとより早く痩せられますしお腹周りが引き締まりメリハリのあるボディラインが作れます。

 

  • 無理は禁物→ただしできる範囲で行ってみて下さい。身体を痛めては元も子もないですしメインはイソフラボンなので無理しなくても大丈夫です。

 

 

お腹痩せダイエットまとめ

①お腹ぽっこりの原因である女性ホルモンの減少に対し優秀なアグリコン型イソフラボンを補う

 

②運動できるのであれば腹筋や背筋と言った胴体周りのエクササイズを取り入れイソフラボンと併用しさらに効果を高める

イソラコン

 

 

この記事では女性ホルモンの減少が太ってしまう大きな一つの原因とご説明させて頂きました。しかもその事態は、女性であれば避けては通れない現象でした。しかしアグリコン型イソフラボンを摂取する事でエストロゲン様作用によって上記脂肪画像のように脂肪をコンパクトにする事でお腹のぽっこりを解消しお腹痩せダイエットができます。しかも痩せやすい体質に近づけ、美しく女性らしさを保つ事ができるのです。

 

 

そしてそのイソフラボンにはアグリコン型イソフラボンとグリコシド型イソフラボンが存在し、腸からの吸収性が良く、実際に不妊治療の現場でも使われる程、エストロゲン様作用が強いのがアグリコン型イソフラボンです。アグリコン型イソフラボンはダイエットを頑張る女性の頼もしい味方です🌸