ダイエット野郎

ダイエット業界でサラリーマンを続ける男のブログ

漢方ダイエットは本当に痩せるのか?効果・方法・信憑性を徹底解説

漢方には体内の不調を整え自然治癒力を高めて治すという考え方があります。つまり正しい漢方を処方すると身体の状態を「整え・高め・戻す」という効果が期待できます。効果の発揮には身体に合った漢方が必要なので不調の原因を調べる「気・血・水」体調を診る「症」漢方処方の精度を上げる為の「四診」という考えを組み合わせて現在のその人に合う漢方を導き出します。漢方の元に戻す効果はダイエットに置き換えると「代謝の改善」に効果を発揮すると言われています。

f:id:kk2017-1122:20180703085805p:plain

 この記事では漢方ダイエットにまつわる漢方の「知識・効果・信憑性・方法」漢方ダイエットの全貌を皆様にシェアさせて頂きます。

 

  目次

 

 

 

1.漢方とは

自然界にある植物・動物・鉱物などの生薬を複数組み合わされて作られた自然のお薬です。元は中国の伝統医療で何千年にも渡る治療の経験によって、様々な生薬の組み合わせで、効果や危険性などのあらゆる結果を長い年月をかけて蓄積させ漢方処方として体系化されました。

f:id:kk2017-1122:20180703090132j:plain

 

 

生薬と漢方

長い治療年月で得られた経験・結果をもとに効果があるとされた物「植物・動物・鉱物」を「運搬性・保存性・利用性」を重視し加工したものを生薬と呼びます。

代表される生薬は植物であれば「つぼみ・花・茎・葉・根」であったり、きのこ類などの「細菌」や「昆虫」、鉱物では「硫酸カルシウム(石膏)」、動物では「牡蠣の貝殻(牡蛎)」などがあり、それぞれを混合して使用する治療薬が「漢方薬」というものです。

漢方の定義は原則として2種類以上の生薬を定められた分量で組み合わせて作られたもので漢方薬には生薬を複合する事で様々な効果が得られ、ピンポイントで効果を発揮する西洋薬とは効果・アプローチ共に対照的な存在なのです。

 

 

 

漢方の歴史

  • 中国:中医学と呼ばれ中国4千年の歴史の中で、効能効果がわからない中とにかく試す人体実験の歴史が漢方という文化に発展したと考えられています。漢方とは結果から生み出された優れた自然由来のお薬なのです。

  • 日本:古代中国から日本に導入されたのは5~6世紀頃です。ここから日本の漢方は日本の風土や気候、日本人の体質に合わせて日本独自の発展を遂げ伝統医学として定着し17世紀頃に大きく発展し体系化され現在の日本の漢方へと受け継がれています。

 

 

 

現代の漢方

上記のような漢方導入の背景はあるものの現代医療で用いられている漢方医学や漢方薬は、日本の伝統医学として独自に発展していった「日本独自の医学」なのです。

そして以前は病院などでは処方されなかった漢方も現在では148処方の漢方薬が健康保険で使えるようになっており健康保険が使えることで医療機関を通してより身近な治療薬として処方されるようになっていきています。

それは西洋医学の西洋薬と東洋医学である漢方が一緒に処方されるということでもあり、お互いの治療の得手不得手を上手に補うことで、より効果的な幅広い治療が行えるようになっているということなのです。

 

 

 

 

2.漢方の治療方法

漢方の診察ではまず舌や脈、おなか(腹診)を診て漢方薬を処方する際に目安にするために体質を診ます。
漢方では不調の原因を調べる「気・血・水(き・けつ・すい)」という考えと体力や病に対する抵抗力を調べる「症」という考えがあり、この「気・血・水」と「症」を組み合わせて体質を判断しています。

f:id:kk2017-1122:20180703091234p:plain

                            出典:漢方のツムラより

 

 

漢方独自の体質判断の項目

  • 元気や気力などの目に見えない生命エネルギーを漢方では「気」と表します。西洋医学を用いて表すと漢方で言う気とは身体の機能を調整する自律神経に近いと考えられています。

  • :こちらは血液のことです。血液は身体全体に酸素や栄養素を運ぶという役割を持っており、健康状態を判断する指標となるものです。漢方では身体を「巡るもの」として重要視される項目となっています。

  • 血液を除く身体に含まれる体液のことで症状で言うと「むくみ・めまい・頭痛・下痢」などのことです。西洋医学を用いて表すと漢方の水とは水分代謝や免疫系と考えられています。

  • 体質・体力・抵抗力・症状の出方を表すもので本人が訴える症状やその人の体格などから判別します。症には「虚・実」という訳方があり、体力や抵抗力がある人を「実症」とし、体力が無く抵抗力が低い人を「虚症」と表します。

 

 

 

漢方の診断は四診で行う

漢方では上記の「気・血・水」と「症」を基本として処方の方向性を決定しますが、更にその人に合った処方の制度を上げる為に漢方独自の「四診」という診断を行います。

四診とは
・望診:「顔色・表情・態度・姿勢・体型」などを診ること
・聞診:「声の状態・咳の状態・痰の状態・呼吸器系」などを診ること
・問診:「症状・体調・生活習慣・仕事環境」などを診ること
・切診:「脈を診る脈診・腹を診る腹診」など手に触れて診ること

f:id:kk2017-1122:20180703091715p:plain

                            出典:漢方のツムラより
この4種類の判断方法を行い診断するのです。

漢方に精通している医師や薬剤師は「気・血・水」で不調の原因を調べ、「症」で体力や抵抗力を調べ、「四診」を行う事でその人に合った最良の漢方を導き出しているのです。

 

 

 

漢方による治療の効果

漢方による治療は上記の体質判断と四診により現状の患者の症状と身体の状態を調べるとことから始まります

漢方独自の診断により病に蝕まれる原因となる身体の弱っているところを突き止め自然の生薬で構成された漢方を処方し回復を目指すのです。

つまり漢方による治療とは「病その物」を叩くのでは無く、病に蝕まれる原因となった「身体の弱っている所」を回復させるために漢方薬を処方することで身体が本来持っている自然治癒力を高めて病の根本治療を行う医療なのです。

 

 

 

 

3.漢方ダイエットとは

漢方を使いながら痩せる減量方法を巷では「漢方ダイエット」と呼んでおり、漢方の考え方である弱っている所を「戻す」「補う」ことをメインとしているダイエットとなります。
漢方の弱っている所というのはダイエットでいう所の代謝ということになりますので複合的に代謝をサポートするという考え方が漢方ダイエットでは支持されています。

f:id:kk2017-1122:20180703092731p:plain

 

 

ダイエットに有効な漢方薬

  • 防風通聖散:体内に貯め込んでいる余分な水分の排出や便秘症の解消など、老廃物を汗や尿・便として体外への排出を促す効果があり結果的に代謝の向上も
    期待できる言われています。
    漢方の考えでは防風通聖散は胃腸の働きを整えることで、過食や暴飲暴食を抑える効果もあるとされています。


  • 防己黄耆湯:働きは防風通聖散と似ており身体についた余分な水分を緩やかに排出してお腹の調子も整えてくれる漢方です。
    下半身のむくみ、汗をかきやすいことや関節が傷んで水がたまりやすいなどの症状は水分代謝が滞ることで起こりますが防己黄耆湯は水分代謝の改善に効果がある漢方とされています。


  • 当帰芍薬散生理痛・生理不順・不妊症にも処方される代表的な女性向け漢方の一つ。血の巡り(血流不全)と水分代謝を改善させることで冷えとむくみを改善する漢方です。
    当帰芍薬散は女性に対して重宝されている漢方薬で、全身の血行を促進させ冷え症の改善に効果がある漢方とされています。


  • 大柴胡湯:日々の生活によるストレスにより、ホルモンバランスや自律神経などが乱れる人に処方される漢方です。
    ホルモンの分泌や神経が乱れるとストレスを発散するためにドカ食いしてしまう人に大柴胡湯は効果があるとされています。

 

 

 

漢方ダイエットの要

漢方薬には種類が違っても似通った効能効果がありますが、これには「気・血・水」と「症」、「四診」などの漢方診断によって似た効果でも「よりその人の体質に合った漢方を選ぶ必要がある」という考え方があるからです。

例えば防風通聖散と防己黄耆湯の効果は似ていますが、正確な漢方処方によるとその方の症が虚症なのか実症なのかで効能効果は似ていても処方される漢方薬の種類は違うという事なのです。

つまり漢方を用いながらダイエットを行うには、しっかりと漢方に精通していて現在のあなたの身体の状態をしっかりと漢方診断してくれるプロフェッショナルに指導してもらう必要があり、これが「最も重要な事」なのです。

 

 

 

 

4.漢方がダイエットにもたらす効果

漢方には複数の効果をもたらす作用がありますが、ダイエットで主に効果を発揮するカテゴリーとして「冷え・便秘・ストレス」が挙げられます。
これらの症状を漢方のプロがあなたに合った漢方を選ぶ事で内から改善していき体質改善ができる所がダイエットで活きる漢方の効果なのです。

f:id:kk2017-1122:20180703133412p:plain

 

 

漢方で改善できる肥満体質

  • 便秘体質:便秘になると腸内で限界まで栄養素吸収すること、腸内に便が残ることで腸内環境の悪化、などでダイエットを行っても痩せにくい(体重が減りにくい)環境となってしまいます。ダイエットは食べる量が減りやすく元々便秘でない人も便秘になりやすいので特に気を付けたいところです。


  • 冷え性:冷えとは身体の血流が悪く身体の隅々まで血が巡らないことで起きる症状です。
    血が巡らない=体内での酸素や成分の循環が悪く代謝を下げてしまう要因となるためダイエットにおいて冷えは改善しておきたい症状の一つです。


  • ストレス:ダイエットでは慣れない食事や運動、なかなか結果に繋がらない事などストレスが溜まる事が多いです。しかしストレスはドカ食いの引き金になったり、良質な睡眠を阻害したり、自律神経の働きを乱して正確な代謝の妨げとなりダイエットには大敵なので特に注意したい項目なのです。

漢方ではこれらのダイエットの障壁になる症状をあなたの身体の状態に合わせて内から治すことができます。

一般的な症状の改善策は症状をピンポイントで叩く対処療法と言われる治療が多いですが、漢方は疾患の原因となった身体の原因を治療するので自然治癒力によって体質改善を導く物なのです。

 

 

 

ダイエットに漢方は効果的?

ダイエットは単純に考えると身体に蓄えられた脂肪を「分解」して「燃焼」するという作業です。

この作業を継続する事で蓄えられた脂肪が減っていき「痩せる」ということになるのですが、漢方が効果的とされる所は「痩せる」というゾーンではなく、「便秘・冷え・ストレス」などの「太る原因」の改善なのです。

そして漢方が改善できる肥満の原因は数ある原因の中の一部に過ぎませんし、ダイエットで最も重要である脂肪の分解ができる訳でもありません

ダイエットで漢方が活躍できるところは便秘やストレスなどの「肥満の原因の一部」と冷えなどの「代謝の改善の一部」と考えるのが妥当となります。

ダイエットを成功に導くメカニズムを知りたい方は下の記事をご参照下さい。

www.diet-soundsgood.com

 

 

 

 

5.漢方薬の減量効果は高くない

ダイエットにおける漢方の効果は減量のメインとなる物ではなく、どちらかと言うとサブ的な要素が強いです。
それは脂肪をどんどん分解してくれる訳でもなく、代謝に関してもガンガン脂肪を燃やすという効果がある訳でも無いからです。

f:id:kk2017-1122:20180703134746p:plain

 

 

代謝のサポートに漢方は最善ではない

  • 基礎代謝の低下:全身の基礎代謝量を100としたときにその内訳は「脳:20%・肝臓:21%・骨格筋:22%・心臓:9%・腎臓:8%・脂肪:4%・その他:16%」となります。
    基礎代謝の低下とは、これらの身体の組織での代謝量が減少することで起きており代謝低下の原因は代謝に必要な代謝調節因子の生産能力が加齢によって低下してしまうからなのです。


  • 代謝調節因子:代謝に必要な代謝調節因子(代謝酵素・補酵素)とは人間が日々の生命活動を営むために必要なATPというエネルギーを脂肪や糖といったエネルギー源から作り出す時に化学反応を起こす為に必要なホルモンや物質のことです。
    その働きは代謝反応を起こす為のシグナルに関わったり燃焼行程に必要だったりと多義にわたります
    代表的な因子としては「アディポネクチン・Lカルニチン・コエンザイムQ10」などが挙げられます。


  • 漢方の可能性:漢方ダイエットではよく「代謝を上げる・燃やす力を上げる」などのいかにも痩せそうなキャッチコピーを掲げていますが漢方を飲んだからといってATPの消費量が上がる訳でも無く代謝に必要な代謝酵素が増える訳でも無く脂肪の分解を促進する訳でもないので、漢方を服用することでほとんどの場合大きく代謝が上がる事は有り得ないのです。
    ただ、ノエビア株式会社の研究報告では高貴薬と称される「冬虫夏草」エキスを摂取することで痩せホルモンであり代謝調節因子であるアディポネクチンが優位に増加したということが述べられています。

    アディポネクチンについて詳しく知りたい方は下の記事をご参照下さい。

    www.diet-soundsgood.com

このように一部例外を除き一般的な漢方薬での著しい代謝の向上(減量効果)は望めないと言えるでしょう。

 

 

 

漢方だけで痩せるのは難しい

日頃私達が代謝と呼んでいる物は大きく分類すると普段の生活で身体を動かしてエネルギー消費する生活活動代謝と、何もしなくてもエネルギーを消費して生命活動を営む基礎代謝の2つです。

その内基礎代謝が加齢により低下することで年齢を重ねると太りやすい体質に変わってしまい代謝が低下した状態で若い頃と同じような食事をしているとエネルギー源を余らせてしまい太ってしまうのです。

この状態から痩せるにはまず「太った食生活の見直し」を行い、食事制限で「蓄えている脂肪の分解」を行い、代謝量を上げる(因子を増やすor運動する)ことで「分解した脂肪を燃焼する」必要があり、この3つの工程を経てやっと痩せることができるのです。

この工程全てを漢方だけで行うのは不可能なので、あくまでも漢方は太ってしまう要因の一部である「便秘・冷え・むくみ・ストレス」などの症状を改善するサブ的な物と考えるのが妥当です。

 

 

 

 

6.ダイエットと漢方の理想的な付き合い方

漢方が得意とする体質改善は冷えや便秘、ストレスなどは「太る原因の一部」だったり、「減量の効率を低下せる一部分」だったりします。
もちろんこれらの体質はダイエットで見過ごすのは良くないですがダイエットで痩せることを主にすると優先順位は高くは無いのです。
しっかりと減量効果のあるメインのダイエットを行って上手くいかない場合に足りないピースを補う為に漢方を使うのが望ましいのです。

f:id:kk2017-1122:20171003203447j:plain



 

 

高い減量効果を望む場合

  • 痩せるためのメインのダイエット:しっかり痩せるには食事制限による「脂肪の分解」工程があり、分解した「脂肪を燃焼できる」運動や代謝をサポートする「分解・燃焼」の2つの工程があるダイエットを行う必要があります。
    代表的なダイエットで言うと「糖質制限ダイエット」と「カロリー制限ダイエット」があり、どちらも正しく行えば減量効果は非常に高い減量方法です。


  • 足りない所を補うための漢方:上記のカロリー制限or糖質制限のどちらかの食事制限が含まれるダイエットを行ったとしてもイマイチ痩せないという場合痩せない原因を探る一つの方法として漢方による体質改善を行うことは効果的です。こうすることでメインのダイエットで賄いきれない部分を漢方の効果で補うという構図ができるのであなたの減量の「抜け漏れ」は少なくなり減量効率は向上します。

    糖質制限ダイエットについて詳しく知りたい方は下の記事をご参照下さい。

    www.diet-soundsgood.com


    カロリー制限ダイエットについて詳しく知りたい方は下の記事をご参照下さい。

    www.diet-soundsgood.com

 

 

 

ダイエットにおける具体的な漢方の使い方

  • メインのダイエットを実践:まず「糖質制限orカロリー制限」のどちらかの食事制限を行いながら、運動or代謝を上げる工夫を行いダイエットを1ヶ月程度継続する。

  • 減量の妨げになる原因を探る:ダイエットを1ヶ月程度継続しても痩せない場合、原因を探る為最寄りの老舗漢方薬局に自分の身体の状態を診てもらう。

  • 減量の妨げになる体質を改善:漢方で改善できると診断された場合、処方された漢方薬をきちんと服用し、ダイエットを継続しながら結果が出るか観測する。

  • 減量と体質改善の両立:処方された漢方が的確であなたの身体に合う物ならメインのダイエットと漢方による体質改善を行うことで、痩せながら身体の健康状態の改善も両立される。

 

漢方ダイエットという言葉を耳にすると漢方がメインのダイエットのように感じますが、漢方には劇的に痩せる効果など持ち合わせていません

なぜなら漢方は身体の弱っているところなどの不調を自然治癒力を高めて治療する東洋医学であって10代・20代の頃のような代謝を取り戻すような痩せ薬ではないからです。

しかし一方で減量の障壁となる「便秘・冷え」などの症状の改善に内から改善するという素晴らしい効能効果を持つのも漢方薬の凄いところなので、ダイエットがうまくいかない場合は、漢方薬局に相談するとあなたの減量をサポートしてくれるかもしれません。

 

 

 

 

7.ダイエットで漢方を使いたいなら老舗漢方薬局

もしあなたのダイエットが難航し原因を改善する為に漢方薬を使いたい場合は必ず老舗漢方薬局・薬店に行き身体の状態を判断してもらうことをお勧めします。
漢方薬には似たような効果の物が多数存在し、それは身体の状態に合わせて処方する必要があるからです。

f:id:kk2017-1122:20180703211620p:plain

 

 

漢方薬の注意点

漢方薬を飲む場合、原則としてあなたの身体の状態に合った物を選ぶ必要があります。

何故かと言うと漢方は非常にシャープに効果を発揮する特性があり使い方を間違えると効果は得られませんし、最悪の場合健康被害を招く恐れがあるからです。

その為日本独自の漢方医学では「気・血・水」と「症」さらには「四診」という3段構えの診察を行いあなたの身体の状態を可能な限り把握し最適な処方を導き出しているのです。

つまり漢方薬は我々一般人のような素人が自分の感覚だけで手を出すのは危ないとも言えるので、ダイエットに漢方を使いたい場合は必ず漢方に詳しい病院や老舗漢方薬局に伺い自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

 

 

 

漢方の流派「日本漢方と中医学」

日本の漢方には流派のようなものが存在します。

日本独自の漢方は「日本漢方」というものがあり、日本でも中国の漢方「中医学」というものを学んでおられるかたもいます。

日本漢方はどちらかと言うと処方が固定されがちな「答えが決まっている」漢方医学で中医学はその人に極力合う漢方を見つける「答えを探し出す」漢方医学となっています。

どちらも素晴らしい東洋医学ではありますが、漢方の特徴である人に合わせて効果を引き出す所が色濃く残る物は中医学という漢方概念となります。

つまり漢方薬局を選ぶ際に中医学を学んでいたり「国際中医師」という資格を持っている所は漢方に詳しい可能性が高いのです。

 

 

 

漢方薬局の選び方

現在の日本では漢方が注目を浴びつつあります。つまり漢方というキーワードはビジネスにうってつけと考える薬局・薬店が増えおり、漢方に詳しくないのに漢方を前面に押し出し経営しているお店が存在するということです。

ここで気を付けないといけないことはそのようなお店に行っても漢方に詳しくないので正しい処方を行ってもらえないし、ビジネス目的で漢方を押し出しているので高額な買い物をさせられる可能性があります。

正しい老舗漢方薬局を選ぶ際に注意すべきことは「店名」と「所在地」です。漢方一筋でお店を経営しているところは昔から「漢方の○○薬局」「○○漢方薬局」「○○堂」という漢方薬店独自の店名が付いていることが多いです。

ダメな例を上げると「○○漢方堂」とか、店名を変えて「漢方」という言葉を追加していたり、新しく作られ歴史が浅かったり、営利目的で移転した店舗は怪しいです。

最悪なのは移転して新店舗で「漢方」という言葉を前面に押し出している店や、店に新たに「漢方」という言葉を入れて変更した店は怪しいです。

もし見抜けずお店に行ってしまった場合は「気・血・水」と「症」そして「四診」などの漢方独自の診断を行わず、あなたの身体をろくに診ないで漢方薬を進めて来るお店だったら効果的な漢方の処方は望めないので購入はぜずに帰りましょう。

 

 

 

以上で「漢方ダイエット」関する記述を終えさせて頂きます。

 

漢方ダイエットは蓋を開けると単なるダイエットのビジネスモデルに過ぎません
漢方は処方を間違わなければ健康に対して高い効果を発揮する体に優しい自然のお薬です。

痩せる事が目的であるならまずは「メインのダイエット」をしっかりと行いましょう

そしていまいち結果が出ない場合には、身体に存在する痩せない原因を見つける為に老舗漢方薬局に相談するとダイエットにプラスに働くでしょう。

漢方はダイエットのメインでは無くサブ的な補助ということを忘れないで下さい🌸